カテゴリ:2015南仏( 1 )

サン・レミ・ド・プロヴァンスの美術館前

サン・レミ・ド・プロヴァンスの街の真ん中に、エストリヌ美術館があり、
ゴッホの情報が集約されているコーナーがあったが、ゴッホの作品の収蔵は無かった。

その代わり、ビュッフェの1950年代の作品の企画展が偶然開催されていて、
見ることができてよかった。

この絵は、美術館へ向かう小径。
なんでもない空間だが、プロヴァンスらしい植栽とテラスなどの
空間的造形が配色と共に魅力的だった。

現場のスケッチを元に、初めての油彩表現を試みた。
絵の具の乾きの遅さ、粘度の調整に苦しみながらも
楽しく描くことができた。何より色の彩度が圧倒的に強い。
それだけで嬉しくなった。

f0091634_19081012.jpg



by sketchfarm | 2018-07-24 19:09 | 2015南仏 | Comments(0)