カテゴリ:ひとりごと( 75 )

2012年・描き初め

今日は今年はじめての教室でした。
ブログで予告していた通り、冬季夜間屋外スケッチを敢行しました。
寒い時期なので、体調の関係で欠席の方が多いのは仕方ないとは思っていましたが、
果敢に参加した方々に敬意を表します。

少しのトレーニングのあと、三々五々街へ出かけスケッチ。
私はやはり山形屋に吸い込まれるように近づき、家路を急ぐ人々が気になりました。
風もなく思ったほど寒くないコンディション。

f0091634_11122726.jpg

F10ホワイトワトソン ダーマトライト、W&N(スケッチ30分、着色30分)

今回は、描きすぎないように、塗り過ぎないように、軽く軽く、、、を意識しました。
軽く、早く、、もスケッチの一つの醍醐味。
描き初めは気張りすぎず描きたいと思いました。



スケッチ教室はやはりスケッチしてなんぼ。
冬には冬の、夏には夏の、雨の日には雨の日のスケッチがあると思います。
今年はできるだけ屋外スケッチを増やしていきたいと思います。
ただ教室の時間が夜間なので、できる範囲に限りはありますが、、

教室でも述べましたが、今年は以下の点に留意してスケッチしていきたいと思います。

1、活きた線をひく
2、オリジナルの表現を目指す

ということと、これは言いませんでしたが

3、大作に挑戦する。
4,地元のスケッチに力を入れる。

という点です。


今なぜ絵を描いているのか?ということをこのごろ強く思います。
自身の生い立ちや父、祖父らの生き方などから、今にいたるまで、
思いをめぐらすと、少し見えてくるものがあります。

それにしても、先の戦争の後に生まれ、食い物にも住む所にもこまらず、
親の愛に包まれ育ち、阪神大震災でも生き延び、昨年の地震にもあわず、
大きな病気もせず生きてこられたという事は、
いいかえれば平和に生きろと命じられてるように考えていいのではないか?
残された人生がいくらあるかはわかりませんが、せめて戦争でなくなった方、震災で失われた
方々の分まで、絵を描き、野菜をつくり、自然と親しみ、子を育て
平和をまっとうする事が私の使命のように思われてなりません。

祖父の代からのルーツ=故郷のない根無し草、浮き草人生であるなら、それはそれで
それなりの生き方、表現もあると開き直り、それゆえの軽さを逆手にとって
軽やかに自由に無責任に絵と向き合っていこうと思っております。
少なくとも絵に関しては、何々でなければならぬ、、という責任などまったく無いのですから、、。
by sketchfarm | 2012-01-13 23:04 | ひとりごと | Comments(0)

おいしいグラス

今、マルヤガーデンズの3階にある、エムズギャラリーにて

森永豊さんのガラス展が開催されています。
この方は以前すこしお会いしたことがあり、友人宅でその
方のグラスでビールを飲んだとき、そのおいしさに驚いたことがあります。

ちょっと思い切って、2つ購入しました。
手前の赤いのは家内のチョイス、奥の透明なのが私が選びました。
森永さんのガラスは、透明でもほんのりと色がついていて
なんだか懐かしい感じ。
そう、昔のんだラムネの瓶に近い色。やさしいんです。

f0091634_933508.jpg


これで飲むと、いつもの発泡酒も、最高級のビールに変身。
そう思えば安い買い物です。

森永さんのおだやかな人柄だけでなく、奥様や子供たちの明るさ、素直さが
そのまんま、いっしょくたになって作品に反映されているようでした。

M’sギャラリー 「森永豊~ガラスの器~作品展」は
14日(水)までです。
by sketchfarm | 2011-12-12 09:40 | ひとりごと | Comments(0)

「素顔の佐伯祐三と山田新一展」メモ

「素顔の佐伯祐三と山田新一展」に行ってきました。
とてもよかったのでメモしときます。

f0091634_16234446.jpg


思いがけず、いやそれ以上の展覧会だった。
勝手な予想では山田作品の中に、佐伯作品が数点混じる程度か??などと思っていたのだが、
佐伯作品の傑作がかなりのボリュームで展示されており、
それら現物を間近にすることができて素直に喜べた。

なんという筆致の早さ、強さ、見る者を圧倒する厚み!
100年たっても色あせない色彩!
「黄色いレストラン」や「扉」「新聞屋」「靴屋」「リュクサンブール公園」などの傑作がすごい。
初めて知ったが「絵具箱」という作品もよかった。
「ロシアの女」「顔の無い自画像」や「郵便配達夫」などは残念ながら無かったが、
日本滞在の風景画も何点かあり素晴らしい。
f0091634_16235914.jpg

f0091634_1624843.jpg

f0091634_1624196.jpg

f0091634_16243122.jpg


生き急いだように走る短い人生のエピソードは奇行や奇異な言動にも現れており、
感受性がむきだしの明治男の純粋さや大阪人の破天荒さも垣間見える一方、
我が子を愛おしみ、あらゆる命を思いやる愛にあふれる姿もみせつつ、
ブラマンクの叱咤に対し以降、狂ったように描き、画風を変え、病に倒れるまで
描きつづけるほとばしり、命のしずくを一滴までふりしぼり、最後果汁の搾りかすのように
なって死んで行く姿は想像を絶する生き様だ。

佐伯祐三、青木繁、長谷川利行などの明治の天才たちは、
命を燃焼しつくして、ぼろぼろになるまで描き、若くしてぼろぎれの様に死んでいった。
それだからだろうか、作品は今なお強烈な光を放っている。

山田新一を始めとするよき友人、理解者を得たことも佐伯にとっては幸せだったことの一つだろう。
逆に佐伯も、山田などを大切に思いやりつつ、無邪気に甘える姿もほほえましい。
本当の人間同士の付き合いをしていたことが、多くの手紙に残されており、それらも
今回の展覧会ではたくさん展示してくれていた。

当時の風景画家は一般的にそうだろうが、描きたい対象に向かい現場で画架を立て、
キャンバスに直接、対象を油彩で描き込んでいく手法はある意味、スケッチの画家とも言える。
その筆致の早さや強さも、屋外で暑さ寒さや風や人にもまれながら描くことで
生まれたのではないだろうか?

私自身も昨年スケッチしたゴッホが描いたアルルの跳ね橋を佐伯もスケッチしていて、
妻や娘の彌智子とともにさわやかで明るい日差しの中で遊んだことがわかった。
ああ、あそこの草原に座ってあのはね橋をみんなで見てたんだな、、
と思うと感慨深いものがあった。

佐伯の手紙やスケッチの添え書きには
「やりぬく」とか「描きぬく」という自分を鼓舞し、宣言する言葉がやたらよく出て来る。

いったい何に追われ、何におびえ、何に対し打ち勝とうとしていたのか?
彼のいったい何が「絵を描く」ことのモチベーションとなっていたのか?

佐伯はなぜ2度目のパリに妻や子を連れて行ったのだろうか?
愛する幼い彌智子を道連れにすることもなかったろうに、、。
多くの謎も残った。

佐伯作品にはカミソリで切られたような、鈍器で殴られた様な事後感覚が残った。
一方、山田作品は個人的には1965年以降の晩年の作品がさわやかだった。
佐伯の死や戦争の呪縛から解放されたのだろうか?
南仏の作品など、まるで憑き物がとれたように色彩が明るく鮮やかになり、風景も人物も
いきいきと光を放っていたのが印象的だった。

都城市立美術館 12月4日まで
by sketchfarm | 2011-11-30 16:27 | ひとりごと | Comments(4)

追加制作

来週から急遽、とある場所で作品展示することになりました。

で、スケッチ作品を急遽追加制作しています。

白樺での個展には色付けが間に合わなかった(笑)

現地スケッチの小品を慌てていま色付け中。。。。

意外にまだけっこうあるんですよ。

f0091634_14123684.jpg

by sketchfarm | 2011-11-26 14:13 | ひとりごと | Comments(2)

湧き出る

昨日、天気もよいので、霧島・横川のわき水が出るところに

水汲みに行きました。

「大出水」という所です。

f0091634_1753992.jpg


ここは常にこんこんと清浄な水が湧き出ています。

見ていると、なんだか嬉しくなります。

この水でご飯を炊くと、古米も新米のようになります。

ときどき行くのですが、大きなタンクですと、ちょっと階段で

上り下りしないといけないので、ちょっとキツイです。

f0091634_1773521.jpg



こんな感じで、元気ややる気、創作意欲がコンコンと湧いてくればいいですね!!!

ほんと、あやかりたいです。


さて、来週、火曜日はリビング教室2回目です。

小さなスケッチブック(F2〜F4)を持って、教室から飛び出てスケッチです。

マルヤガーデンズの店内の場合は、お店の営業の邪魔にならないように気をつけましょう。

どうしても、という時はスタッフの方に一声かけてから始めましょう。

万一、断られても心を折らないように(笑

そういう事もよくありますので、、、


感動や喜び、疑問や感心をスケッチブックに描きとめて、

他の人に見せてあげましょう〜
by sketchfarm | 2011-09-24 17:14 | ひとりごと | Comments(0)

まだまだ制作途中です。

前にも日記にかきましたが、今年から居合道を始めています。
で、おとといの夜、居合道教室の仲間で、飲み会がありました。

剣道や居合いの達人ばかり(これほんと)の輪の中に入って、
いったいどんな話をすればいいのだ?
と少々びくつきながら参加しましたが、、

結局何を話していたかほとんど覚えていませんが、とても楽しい飲み会でした。
(なんじゃそれ)
共通していえる事は、みんなうまくなりたい、上達したい、、そして楽しみたいということ。
それだけは、美術の世界でも同じ事、、、ですね。

さっぱり専門外の世界に身を置くことも、かえって居心地がよかったりする事も
あるんですね。


さて、あいかわらずプラハ作品の制作です。
けっこう時間かかっています。
おそらく着色も、半分は終えましたが、まだ1/3は残っていると思う、、、

意外に小さい作品がまだなんですよ。

f0091634_11194049.jpg

by sketchfarm | 2011-09-19 11:20 | ひとりごと | Comments(0)

蒲生の和紙のこと

今日はスケッチ制作の日、、という事で仕事場にこもっていますが、、
暑いし、なにか停滞気味。
明日からのリビング教室の準備やらなにやらごそごそしつつ、、
色つけがまだの作品の山を眺めて、、う〜ん。。

あ、そうだ!パネルに貼る和紙が必要だ。
と、近所の蒲生和紙工房へ行きました。(気分転換もかねて、、ですね)

すぐ近所なのに、訪問するのは1年ぶりです(笑)
おられるかな、、と思ってそろそろ訪ねると、
暑い中でもちゃんと工房におられました。

ここの和紙は昨年のアルルを描いた作品でも数点使用しました。
(画像はその一部)

f0091634_14503345.jpg

「塔の見える路地」
(2010年 900×450 パネルに蒲生和紙、水彩、パステル、ダーマトグラフ)

f0091634_1565595.jpg

「アルルの町並み」
(2010年 250×300 蒲生和紙、水彩、ペン)


ここの小倉さんが作る蒲生和紙は、とても丈夫。
上の絵の場合も、けっこうな力を加えたり、水分をつかったり無理をしましたが、
平気な柔軟性と強度がありました。
今回のプラハをテーマとした個展にも出す予定で新たに制作してみるつもりです。
さて、どんな作品になるか、、

小倉さんが作る蒲生和紙は昔ながらの手漉き和紙の技をまもっています。
カジの木の皮を原料としていて、真っ白いものと、繊維などがみえる素朴な生成りの
ものとがあります。
漉き方によって厚みが2種類あって、今回購入したのは厚めのもの。
1000ミリ×630ミリで600円。

蒲生和紙工房の小倉さん
〒899-5302
鹿児島県姶良市蒲生町上久徳1487
0995-52-1104
f0091634_1454999.jpg



で、その後、この和紙の切れ端にすこし描いてみました。

プラハのロレッタ教会。
ここは現場でも描いたのですが、鐘の音が美しいなんだか女性っぽいやさしい雰囲気の教会でした。
スケッチや写真を参考に描きおこし。

和紙にペンがほどよくにじみ、走ります。
もともと紙に茶色い色がついているので、ハイライトや白い壁の表現に白いダーマトが効きます。
それと茶色のダーマトと、陰に透明水彩の組み合わせですが、
面白い効果が出かけており、少し手応えを感じました。

面白いのが、通常の水彩紙では、ダーマトの上からは、ペンのインクは
はじけて乗りませんが、蒲生和紙だと、ダーマトの上からも、
ペンや水彩が乗って描けること。なんでだろう?

f0091634_16352248.jpg

by sketchfarm | 2011-09-12 15:09 | ひとりごと | Comments(0)

2夜連続

前回の日記で紹介した映画「砂の器」が、昨日と今夜の2夜連続で
テレビドラマ化されていました。
CMでやっていたのをたまたま見ていたので、近々あるのかな?と
思っていましたが、昨夜の放映を見る事ができました。

映画版が強烈なので、今回はどうだろう、、と思いながら見てましたが、
おちゃらけた所もなく、わりあいスムースに見る事ができました。
映画では、犯人役の加藤剛とベテラン刑事の丹波哲郎は主役でしたが、
ドラマでは、若い刑事の玉置宏が主人公です。

映画にはないキャラ(女性新聞記者)の言動が若干気になるのと、、
今西刑事にからむ同僚のベテラン刑事役のアクの強さが気になります。
そして犯人の友人という評論家キャラがどういう展開をみせるのか、、

ところで昭和30年代の刑事って、
あういう高飛車で偉そうな捜査をしていたんでしょうか。
当時はそんなもんかもしれませんね。
若い刑事の信州の食堂での態度も悪かったですね。

現在の風景の中で、戦前や昭和30年代の雰囲気を残す場所を探すのは
大変だったでしょう。
セットづくりも相当のエネルギーが必要でしょうね。

もともとの「紙吹雪の女」の設定も無理がありましたので、
これは仕方ないとしても、、、
ベテラン刑事役の戦争体験からくるある種の達観した姿勢、
若い刑事の空襲体験からくる罪の意識、などといった設定は
私には、ドラマに重さと説得力を与えることができたように思えます。

ハンセン氏病の表現などをどうするのか、
今夜の2夜目の展開が楽しみです。
by sketchfarm | 2011-09-11 14:17 | ひとりごと | Comments(0)

父と子の映画

今朝、テレビで父と子の映画が面白い、、ということで、
洋画「ツリーオブライフ」と邦画「うさぎドロップ」が紹介されていました。

それに関連して、父と子をテーマにした映画がいろいろ紹介されていました。

「アイアムサム」
「クレーマークレイマー」
「ライフ・イズ・ビューティフル」
「フィールド・オブ・ドリームス」

このなかで、見た事あるのは、、

「アイアムサム」だけです(笑
とてもいい映画だったし、ショーンペンという人の才能、
子役の女の子の天才的演技にほれぼれした記憶があります。
「ライフ・イズ・ビューティフル」「フィールド・オブ・ドリームス」
も見た事あるようなないような、記憶にないですね。

「クレーマークレイマー」は、なんでだろう、あんまりお涙頂戴的宣伝に
当時若かった私は、拒絶感を感じていました。
いまみたら違うんでしょうけどね。

はやり、大人や親になるかならないかで、このテーマの映画を見る姿勢や思いは
ちがってくるのでしょうか。

「うさぎドロップ」はともかく、
(松山ケンイチという役者は、『男たちの大和』の時の少年兵のイメージが
強すぎて、子供にみえてしまうからです)

「ツリーオブライフ」は見てみたいですね。
テーマソングはあのスメタナの「モルダウ」。
プラハに行ったばかりなので、どうしても反応してしまいます。


父と子の映画と聞いて、私にはなんといってもまず最初に頭に浮かぶのが、、

「砂の器」

です。

こればかりは譲れません。(そんなに見てない癖にえらそうですが)

後半の丹波哲郎の長い回想(想像?)シーンの中での、
加藤嘉と子役の名演技を思い出すだけで、涙腺の蛇口が全開となります。
これでもか、とリフレインされるテーマ曲「宿命」が流れるなかで、、

子供たちや若い人にもすすめたい映画ですが、
いまの子たちは、この長い映画を耐えられるかな、、、、、?
難しいかもしれませんね。


f0091634_10271586.jpg


1974年製作。松竹株式会社
原作:松本清張 
脚本:橋本忍 山田洋次
監督:野村芳太郎
音楽監督:芥川也寸志
by sketchfarm | 2011-09-07 10:29 | ひとりごと | Comments(2)

ある意味最後のサムライ その1

(スケッチとは関係ない話ですいません、、)

私は、歴史小説や時代小説が子供の頃から好きで、特に戦国時代などに関する

小説が好きでした。

最近になって苦手だった幕末・維新に関するものも、好きになってきましたが、、



最後のサムライといえば、、、

明治10年の西南の役での、

西郷隆盛であったり、桐野利秋であったりするのはもちろんでしょうが、、

(トムクルーズ/ラストサムライのモデルの一人は西郷さんだったといいます)



幕府軍側の侍では、 最後の戦いである函館・五稜郭の中で、新撰組の土方歳三が戦死し、

他の仲間がほとんど、降伏・恭順していくなか、

最後まで降伏せず、襲いかかる 薩摩連合軍の大軍に対し、

息子2人をともない約50名で立ち向かい、 壮絶な戦死をした侍がいた、、。



幕末を生きた「中島三郎助」の番組がNHKで今夜放送されます。

いくつかの時代小説で、チラチラと出てくる名前でしたが、

以前読んだ、浅田次郎「壬生義士伝」の中にでてくる中島の姿が美しく

(格好よいとか勇ましいとはちょっと違う)

よくぞこの人を選んでくれたNHKさん!!と 嬉しくなりました。


●歴史秘話ヒストリア「世にも数奇なラストサムライ 幕末・中島三郎助」

https://pid.nhk.or.jp/pid04/ProgramIntro/Show.do?pkey=001-20110706-21-24275

放送日: 2011年7月6日(水) 午後10:00~午後10:45



紆余曲折、浮き沈みしながらも、激動の時代の流れの中で、常に向学、向上を目指しつつ、

誇りと信念を貫き通した生き様に、そんな人でありたいというあこがれを感じてしまいます。


私の無責任な想像では、かの長崎海軍伝習所に第一期生として入所した際に、

(おそらく)要領がよくそつのない(おそらくですよ!)勝林太郎と

不器用な中島とでソリがあわず喧嘩したか、

持病のゼンソク(私の持病でもある)が要所要所で邪魔をしたかで、

それ以降、歴史メジャーで、思うように活躍できなかったのではないか?

と勝手に 想像していますが、、。


なんだかどこか他人事とは思えないところもある
(と、思い上がりかもしれませんが勝手に共感している) 人物です。

(歴史上の人物なので敬称略とさせていただいております)



よかったらぜひ番組をご覧下さい~

私は残念ながら地元の会合で見れませんので録画します。

<その2に続く>
by sketchfarm | 2011-07-06 09:12 | ひとりごと | Comments(0)