カテゴリ:NEWS!( 189 )

今年もオーガニックフェスタのポスターを担当しました。

今年もオーガニックフェスタのポスターを担当しました。

今回もB2サイズの水彩紙を水張り、一発勝負の手描きのみの制作でした。
稲つくりを取り巻く命の循環、環境をテーマにした内容です。

田んぼは生き物であり、その中に稲を軸に様々な生き物が共存しています。
お米はその副産物で、そのおこぼれを人間がいただいているのです。

11月23日〜24日開催です。

今回はODKの出店、お披露目会もありますよ!

このポスターが欲しい!
貼ってもいいよ!貼ってくれるところを知ってる、、、
などという方、

鹿児島県有機農業協会まで
ご連絡を。

099-258-3374 koaa@koaa.or.jp

f0091634_11180452.jpg




by sketchfarm | 2019-08-21 16:14 | NEWS! | Comments(0)

OSHIKAKEデザインかごしま 2019開催!

スケッチの活動ではないのですが、、、、
絵画制作と同じくらいにエネルギーを注いでいるデザイン業のお知らせです。

3年ぶりのODKに参加します。

ODKとは、、

「OSHIKAKEデザインかごしま」の略で、

文字通り、呼ばれてもいないところに、押しかけて、デザインをさせてもらって、
誰かを応援する、、、ボランティア企画です。
2013年に開始しました。

今回で、3年ぶりの5回目の開催。
前回は、甑島の漁師さんに押しかけて「大漁旗」をデザインしました。

その後、、サボっていたのですが、昨年のある「気づき」により、
今回久しぶりの開催を決めました。


デザインは社会の問題解決であり、人や街を幸福にする仕事、、、

といつも言いつつ、なかなかそうはうまくいかない現実にモワモワすることも多い。

そういう中、1枚のポスターを制作するだけで、誰かを励まし、応援できる。
というシンプルかつ単純な行為は、私の生き方にも似て、性に合ってると思っていて、
だからODKは面白い。

それはどんな感じかと言うと、将棋でいえば「香車」の動き。
戦略や深謀遠慮も何もなく、だたまっすぐ前に進む。
そこに迷いもなく、後悔もない。

何も考えていない、とよく言われるけど、
考えていい場合と考えていては何も前に進めないこともある。

まずはやってみる。私はそうやって生きてきました。

今回は、有機農業がテーマ。
このテーマは、有機農業の経験者である私的には、押しかけ先の立場でもあります。

ODKは不思議な集団で、オファーがあれば、行動できない。
来て!
と言われたら、たちまちいけなくなるということがしばしば起こります。

ODKでは、メンバーの誰か自らが押しかけ先を決めるという原則があります。
今回は、私が当事者として押しかけ先を設定させていただきました。

それは、ある農家さんとの出会いと言葉がきっかけでした。

素晴らしく美味しい、
安全なお米を作るその人のことは以前から知っていました。
ただ、その人の、

「私の稲作技術は完成しました。ただ、その技術を伝える相手も後継者もいない。そして、誰からも評価されることもなく、寂しい。」

という言葉。
これが私の心に強烈に響きました。

こんな完璧なまでに素晴らしく、価値ある仕事をする人が、
「寂しい。」と言っている。

こんなことを言わせるこの社会っていいのか?
こんな社会であっていいのか?

これが今回、私の当事者としてのODK実施のモチベーションでした。
無理矢理にでも押しかけて、応援させていただきたい、、
そういう思いです。

(このことは、鹿児島県有機農業協会さんの広報誌でもイラストで表現させていただきました)

さて、7月10日に行われたスターティングイベントは、予想に反して大盛況!
16名の参加デザイナーと共に、有機農家さん8名、来場者合わせて90名近くの
参加者があり、賑やかにスタートを切ることができました。

11月24日、オーガニックフェスタでの発表を目標に、それぞれポスターの制作がスタートします。

ちなみに、私は、喜界島!の若きサトウキビ農家さんの担当と決まりました。
近日中に、喜界島へ取材に行ってきます!
お楽しみに!!

f0091634_10375514.jpg
大雨の警報の中、たくさん来ていただきました。
f0091634_10372841.jpg
あいさつと趣旨説明をしました。
f0091634_10381141.jpg
「有機農業とデザインを語る」トークセッション
f0091634_10382338.jpg
霧島のベテラン有機農家の市川さんと、今回初参加の迫田さんのペアが決定。
f0091634_10385682.jpg
地元・蒲生町の西さんと、同じく蒲生出身のデザイナー田之上さんがペアに。
f0091634_10384452.jpg
私は喜界島の方に決定しました。ただその方は欠席でした。
遠いからしかたないですねw


by sketchfarm | 2019-07-19 10:46 | NEWS! | Comments(0)

上海向けノートに採用!

某大手文具メーカーのK社の上海向けノートの表紙に私のスケッチを
採用していただけました。

昨年描いてきた、南仏のスケッチ4点が4種類のノートになっています。
ただし、中国・上海での販売ということで、残念ながら日本での販売は無いとのこと。

上海での売り上げはまずまず順調とお聞きしています。
どんな肩が買って使っているのか、、、
想像したら楽しいですね!

なんで、こんな仕事が、、、、
と思われる方が多いと思います。
種明かしすると、、
大学時代の同期の友人が、K社の上海支局にいて、
新しいノートのデザインを検討していて、
私のフェイスブックでの投稿が目に止まり、声をかけてもらった、、、
という次第です。

年をとるにつれて、、、
友達ってありがたいな、、と思う今日この頃です(笑)


f0091634_09345095.jpg
A5版とB5版があって、小さい方がかわいいサイズですよ。
f0091634_09345839.jpg
f0091634_09350910.jpg

サンプルだけ少し送られてきたので、みなさんに分けてあげられないのが残念です。

by sketchfarm | 2019-06-29 09:39 | NEWS! | Comments(0)

姶良市のムーミン講座

今年も、小学生対象の1日絵画教室をしてきました。

2時間でなんらかの結果を出してもらわないといけないので、結構慌てますね。

今回も、ダーマトグラフで、強く、個性的な線をひき、
そして、美しく自由に色をつける。という基本的な方針のみ
理解してもらうという方針は変わらず。

今年もテーマは「人物を描こう!」としました。

担当の元校長先生がたにモデルになってもらって、めいめい描いてもらいました。

テーマがシンプルなので、昨年ほど途中でリタイアする子などもでず、
集中して作品を完成させる子が多かったと思います。

髪の毛は黒、肌は肌色、、、そういう風に思い込んでる子供は相変わらず
多いですね、、

なかなかペンが進まず、考え込んでしまう子供、、
そういう子って何を考えているのか、、正直わからないです。
まずは、描いてみよう!考えるより、楽しもう!って伝えるだけです。

でも、そういう子供はきっと、別の思索するっていう才能があるんですよね、きっと。
いろんな子供がいていいんです。



f0091634_14035157.jpg
f0091634_14040559.jpg
f0091634_14042282.jpg
f0091634_14043517.jpg
f0091634_14045231.jpg
f0091634_14050022.jpg

by sketchfarm | 2019-06-27 14:09 | NEWS! | Comments(0)

オーガニック誌 連載開始!

少し古い情報ですが、鹿児島県有機農業協会が発行する機関紙「オーガニック」にて
「伝えたい有機農業の人と術」の連載が決定、始まりました。

これはマニュアルの無い各自が独自の技法で営む有機農業の優れた
技術を共有し、若い世代へ伝えたい。そしてアーカイブしていきたい。という
私の願いが形になったものでもあります。

昨年のオーガニックフェスタのポスターを担当させていただいて以来、
これまで無意識に避けていた私の使命のようなものに気づきまして、、
その後、このイラストに登場する那須さんとの出会いがあり、
それが確信に変わりました。どういうことかというと、、

これまで有機JAS認証の検査員・判定委員としてのみ、協会の活動を行ってまいりましたが、
今後は、有機農業の素晴らしさ、尊さを伝えていく活動も、本腰入れて
やっていくことがライフワークだと実感し、実際に行動を初めています。

その手始めが、この連載です。
今年の3月31日発行ですので、県内のどこかに(笑)あるはずですので、
手にとって見て欲しいと思います。

で、今年からこの機関紙は年2回発行と変えました。
より、多くの方に届けたいと考えたからです。
次は、誰のどんな技術を紹介するか、、、今から楽しみです。
次回は9月発行予定ですよ。

イラストの手法としたら、手書きペンスケッチに、手書き文字、、
かつての「天文館物語」の連載の手法ですね。こういうのが、私には性に合ってると思います。

f0091634_14325635.jpg
f0091634_14330981.jpg

by sketchfarm | 2019-06-23 14:35 | NEWS! | Comments(0)

かごしまスケッチ会作品展2019のお知らせ(日程変更しました)

かごしまスケッチ会のメンバーによる作品展を開催いたします。

これまで、現場スケッチにこだわって活動を続けてきたメンバーの
成果を発表する機会です。
また、スケッチや絵画に興味のある方も、この機会にご来場いただき、
スケッチの楽しさを分かち合えたらと思います。
22名の出展者による約50点の展示。

会場:山形屋 ななテラスギャラリー (1号館7階)
期間:7月24日(水)〜8月13日日(火)
時間:10:00〜19:30(最終日は16:00まで)
主催:かごしまスケッチ会
入場無料



f0091634_13072153.png
f0091634_13072932.png


by sketchfarm | 2019-06-17 22:25 | NEWS! | Comments(0)

個展開催中

ギャラリーセージでの個展が3日目を終えました。

昨日は個展では初めてかな?
ギャラリートークを実施。
当初2人くらいが来てくれそう、という見通しでしたが、
想像以上の思いやりのある方々においでいただき
お話しできました。

写真を使って改めて自分の画史を整理してみると、
その時その時は意識していなかったにせよ、
切実な理由があって制作し 変化し続けてきたことがわかりました。

体力や持続力が無いぶん、生き方や表現の方法を変える事で、表現する意味と価値を見いだしながら、必死で生きてきた三十数年だった事に気付きました。

大切な友人たちがいつも支えてくれている事。
それにも感謝の再認識。

今日は大阪からわざわざ、この個展を見るためだけに大学の同級生が来てくれた事も嬉しかった。

早さと普遍性を求めた今回のブルースケッチ。
そこに至る過程も 
常に虚飾 や欺瞞 と言ったものから正反対の「誠実な真実」を絵画制作に求め続けてきた結果としての形態という事。

それが最近 仕事や生活の色んなベクトルが関連づけられてきているように思えます。

転がる石は苔がつかない。

常に挑戦 鮮度のある生き方をしていければ。

f0091634_19493984.jpeg
f0091634_19495883.jpeg
f0091634_19502651.jpeg
f0091634_19505034.jpeg




by sketchfarm | 2019-05-19 19:35 | NEWS! | Comments(0)

個展のお知らせ Ordinary blue 浜地克徳 小品展

<個展のお知らせ>


オープンまで1週間を切りましたので
改めてお知らせします。

鹿児島市内のギャラリーセージにて小品による個展を開催いたします。

今回は、これまでこだわってきた
線によるスケッチを主体とした手法からはなれ、
ブルースケッチという筆による現場スケッチに挑戦した新作が中心です。
5月18日(土)14:00~は、ギャラリートークが予定されています。

ご覧いただければ幸いです。

※会期中、できるだけ在廊予定ですが、仕事の関係で
在廊していない場合があります。会場もしくは私までご確認の上、ご来場ください。
また、お花、差し入れなどはご遠慮申し上げます。

<開催概要>

タイトル:Ordinary blue 浜地克徳 小品展

サブタイトル:インダンスレンブルーの光を通して見る、研ぎ澄まされた日常の小さな世界。

会期:5月17日(金)~28日(火)

開場:10:30~17:30 
   
日曜日は17:00まで 最終日は16:00まで
会場:ギャラリーセージ
入場無料

電話:099-210-5802

ギャラリートーク:
5月18日(土)14:00~ 作家による作品解説

作家略歴:
1987年京都市立芸術大学 美術学部卒、かごしまスケッチ会主宰
鹿児島県立松陽高等学校 美術科非常勤講師
個展、グループ展多数

<somewhere>

これまで感動を求めて地球の裏側まで旅してきたが、
本当に美しいものは、実はすぐ近くにあることに気づいた。
それほど日本の風景は美しいという思いを
ここ最近、新たにしている。
特に自然と人間の暮らしの境界にある部分
(例えば里山や田の周辺)が、
無作為と作為が見事に織り成されていて、
なんとも言えない造形的バランスと
人の営みの愛おしさに満ちていることに気付かされた。
その美しさを全て私は抱きしめたい。
そして少しでも早くこの手でとどめたい。
スピードと勢い、感動の鮮度を最優先にするため、
現場によるブルー単色によるスケッチを行った。

f0091634_23091183.jpeg
f0091634_23102420.jpeg

by sketchfarm | 2019-05-11 23:07 | NEWS! | Comments(0)

スイートギャラリー終了

f0091634_20084314.jpeg
2月25日。

約一年半、全43回をもって
あいらびゅーFMの番組
「蒲生茶廊zenzai 提供 スイートギャラリー」
が一旦終了しました。


地元地域のメディア活用と言う事で、
商工会の助成申請でダメ元で提案したら
企画が通ってしまった、というのが
本当のところでしたが、
やってみて大変面白い体験でした。

私の制作活動と店の広報が出来ればという事で始めた事ですが、そこは相手の見えないメディアの特性上、確かな手応えを感じとる事はなかなか難しく、費用対効果の定量化も出来ない事から、短期的な効果を求める事は難しいとは思います。

ですが地方暮らしの良さと醍醐味は、自然と政治、そしてメディアが近い事とも言えます。
誰でも主役 主人公になり得るのが、田舎暮らしの良いところでしょう。

最終かいの放送中に、終了を惜しみつつ、
良く流していたBeegeesの隠れファンと言う方のメールが嬉しかったなあ。

あいらびゅーFMの皆さま
そして初代パーソナリティの本ゆかりさん 、
2代目の森山かおりさんには、
心から感謝申し上げます!

またいつか 続きができたら良いなぁ^_^

by sketchfarm | 2019-03-01 20:03 | NEWS! | Comments(0)

カモコレ12 配布開始

私がここ10年関わっている、姶良市蒲生町のマチミガキイベント、
カモコレ12がもうすぐ始まります。

今回もガイドブックデザインを担当しております。
デザインコンセプトは「街をあそぶ」。
デザインモチーフとして、昔懐かしいいろんなボードゲームの要素を
デザインに取り入れています。

f0091634_15364005.jpg
表紙は、ダイヤモンドゲームですね。
小さい頃、よく家族で遊びましたが、、
今の子供たちはやるのかなあ。
この表紙、、、実は今回のプレミアムイベントの「謎解きゲーム」の
謎解きがすでに隠されているんです。わかるかな、、?

中身も他のボードゲームの要素がありますので、手にとってみてください。
(手書きのワークは今回全くありませんw)
今回は、魅力的な14のミニイベントが用意されています。

ウェブサイトからもイベントの中身が見えますので、ご覧ください。
予約は23日からですよ〜


カモコレ12のウェブサイト






by sketchfarm | 2019-02-15 15:43 | NEWS! | Comments(0)