マルセイユ

6月2日の夕方、フランス国鉄の新感線・TGVにて、座席がなく、空いている席に座ったり、立ったり、
バーに行ったりしつつ4時間、どうにかマルセイユ駅に到着。

マルセイユ、、、本当に大きな街!
日本で行ったら大阪程度か?
しかし、観光客が多く集まるのは古い港がある「旧港」エリア。
Le Vieux Port Marseille」
紀元前600年前以上からある古い港。

f0091634_19174719.jpg

港を中心にして、古い建物が集まり、旧市街を形成。
高台には、
ノートル ダム ド ラ ガルド寺院があり、
塔のてっぺんに鎮座するマリア様が、あまねく人々を
見守っています。

f0091634_19323275.jpg


大きな湾内に、今は、ヨットやクルーザーなど、富裕層の
プレジャーボートが、所狭しと並んでいた。
どんな人がここの船を渓流できるのだろうか、、?とか思いながら
散策。
f0091634_19350766.jpg

翌日、眺めの良い場所から、スピードスケッチ。
色はどうつけようか??
でも、まだ本腰入れてスケッチする気分にはならなかった。

旅のはじめ、、
まだまだ落ち着かず、気もそぞろな気分だと、どうしてもそうなりますね。





f0091634_19225459.jpg



by sketchfarm | 2018-06-12 19:36 | 2018南仏 | Comments(2)
Commented by mititosi49 at 2018-06-13 18:01
マルセイユの港のスケッチは、このあと着彩しないといけないのでしょうが、この線描のままで、とても雰囲気が出ていますね〜。サイズは竹スケッチブックの小さいやつですか。見下ろしてるから、宿泊のホテルからのスケッチでしょうか。旅の初めはやはり気持ちが高ぶりますよね。これからのブログアップも楽しみにしています。
Commented by sketchfarm at 2018-06-13 20:08
そうなんですよ。旅の最初の方って、なんかそわそわしてね、、だいたい街の規模とか、見所とか大方回って把握してから、ようやく描こうかな、、って気が起こるんですが。

今回はどの場所にも滞在する時間が短かったので、
街の規模がつかめたところで、もう移動って感じでし(笑)
<< マルセイユから小さな漁港「カシ」へ プロヴァンスの旅の工程 >>