麗しのアイショップ

自宅からほど近い所にある「アイショップ」が4月に閉店してもう久しい。

ここは毎日仕事帰りに、ちょっと寄って、
ママさんと季節の挨拶なんかを交わして、ビールを買うというのが日課だった所だ。

とりわけここがよかったのが、いつも冷蔵庫がキンキンで、
ビールが、すごく冷たく冷えていたことがよかった。
電気代をケチらない、豪勢な感じがよく、
近くのコンビニで買う、生半可にぬるいビールとは、一線を画していたものだ。

この辺りは、犬の散歩、子供の送り迎え、いつもお世話になっているお寺など、縁が深いエリア。
いろんな意味で感慨深いものがある所だ。
全てが懐かしい。

全20点のシリーズ作品の中の10点目の作品。
いつか町内で発表の機会を作りたいと思っている。

f0091634_19173154.jpg

「かんばば・まっばば・しっちゃんすーアイショップ」2013 浜地克徳 鉛筆に透明水彩



by sketchfarm | 2017-07-22 19:27 | ひとりごと | Comments(0)
<< 崎津の思い 漁船と桜島 >>