かんばば・まっばば・しっちゃんす 第12回 米丸商店

蒲生麓(武家屋敷群)には、馬場とよばれる昔ながらの細い道路が残っており、とても味わいがあります。

特にに上馬場(かんばば)・町馬場(まっばば)・質屋小路(しっちゃんす)が
自宅から近かったので、3年ほど前に、その当たりを毎週土曜日の朝にスケッチすることを決めてやっていたのですが、
今回3年ぶりに再開することにしました。

今回は、上馬場の「米丸商店」

いつもクリーニングを出している店だが、昔は精米と食料品店だった。
なので、いまでも木炭やら果物などが、散発的においてある。
おそらく昭和初期に加世田から蒲生に焼酎作りにやってきたおじいちゃんが、
精米事業を始め、借金して、呉服屋だったここの店を買ったらしい。
中には使用人たちが寝起きするための、中2階があり、店先から奥へ通じる
土間が貫く商家作りになっている。いわゆる「うなぎの寝床」だ。
いまの奥さんのご主人は2代目だが、往時は「飯を食うヒマもないほど忙しかったそう。」
今も、常連さんがひっきりなしに買い物に来ていて、
おしゃべりに花が咲いている。

f0091634_14481150.jpg

f0091634_14483800.jpg

<画材共通仕様>

スケッチブック:Hahnemuhle Bamboo Carnet De Voyage
ペン:マークシートシャープ0.8
着色:Winsor&Newton


by sketchfarm | 2016-09-17 14:49 | かんばばまっばばしっちゃんす | Comments(0)
<< 第27回かごしまスケッチ会 定... 柳川へちょっと行きました。 >>