グルノーブルの路面電車

フランス・グルノブルの街は、かつて1968年に冬季オリンピックが開催されたところ。
なので、旧市街の周辺にはモダニズムの集合住宅などが林立し、
若干の大阪万博感が匂ってくる。

旧市街には大きな近代美術館の前を路面電車が走る上品な街。
この街は、蒲生町の友人、マックスの友人であるニコラ夫妻住んでいるため、
旅の最初に1泊、最後に3泊ほど泊めてもらった。
最後の日々では、路面電車にも一人で何度も乗り、
美術館や市場での買い物等を楽しめた。
で、この街でもやはり、去る間際になってペンが走りだした。
あちこちウロウロせず、最初から最後まで2週間、
ずっとここグルノーブルに滞在してもよかったかな?と
ちょっと思ったり。

f0091634_21322364.jpg

by sketchfarm | 2015-07-06 21:35 | 2015フランス紀行 | Comments(0)
<< 第20回かごしまスケッチ会定例... 永沢先生の展覧会・茶木さんの個展 >>