明日の教室。

明日の午後6時からは、中町教室です。

今年の教室テーマは2本立て。

1,身近な光景
2,天文館の顔(お店のファサード)

を設定させていただきました。

天候がよければ、2のテーマに挑戦。少しづつ作品を貯めていきましょう。
天候が悪ければ、室内演習です。

追記:今日はとても寒いので室内で行います!

前回は母子モデルをモチーフにスケッチしましたが、やはり子供は難しい!
でも、難しくても、よく見よう!観察して新しい発見をしよう!という姿勢が大切です。

うまくなりすぎて、手癖や想像(経験の中で頭の中で完成してしまってるモデル)だけで
かけてしまうと、手狎れた媚びたような絵になります。

オドオドしながら、恐れながら、ドキドキしながら、少々くずれてしまっても、
そういう絵のほうが、新鮮で正直で好感が持てます。
私もそうですが、変にうまくなってしまう事の、落とし穴がそこにあります。
見なくなってしまう。という危険があります。

スケッチや絵画のトレーニングを「まあ、こんなものか。」とやめてしまう人の多くは
ある程度うまくなった人がそうなります。
それ以上、よく見よう。という努力をやめてしまい、「狎れて」しまうからです。

長谷川利行は「私はうまくなりたくない。子供の絵こそ最高だ。」と
いったといいます。
うまく描こう、格好をつけたい。
そういう思いを自ら感じて、戒めた言葉なのでしょう。

いつも対象に対し、新鮮であろうとすること。
いつも新鮮な表現をしようと心がけること。

一期一会という言葉がありますが、1枚1枚、初めて出会うモチーフ。
初めて描く絵だという思いで絵に向き合いたいものです。

1枚かくごとに、生まれ変わる。

そういう事もあると思います。
by sketchfarm | 2012-02-02 21:34 | スケッチ教室だより | Comments(0)
<< 今日の教室 ご近所スケッチ >>