明日の教室

やはいものでもう明日は中町教室です。

今年ももうあと2回。
しかも最後は忘年会も兼ねてますので、実質最後の教室となります。

前回の日記で佐伯祐三展の事を書きましたが、それはもう感動ものでした。
当然油絵なんですが、よく考えたら彼の絵のほとんどは現場描きなんですよ。

教会でも街中でも、イーゼル立てて、直接油絵の具でザザーってやる。
おそらく無茶苦茶速いと思われます。
しかも、物体の輪郭線をしっかり描き、対象の存在そのものを強く位置づける。
その線の強さも特筆です。

しかし、よく見ると、文字や時計の文字盤の中の数字などは、確かに一筆描きっぽい
荒さとスピードなのですが、
むちゃくちゃ慎重に描かれていて、レタリングもばっちり。
凶暴で荒い絵だけども、文字だけは丁寧なんです。
そこらあたりは、決め所は決めておく。という戦略めいた野心も垣間見えて面白い。


前置きが長くなりましたが、明日のプログラムは
「直接色で描くスケッチ」です。
いつも線描きしてから色を「塗る」ことばかりしていますが、
今回だけは、色で「描く」ことを体験してみましょう!!!

楽しみです!
by sketchfarm | 2011-12-01 10:39 | スケッチ教室だより | Comments(0)
<< 線なしスケッチ 「素顔の佐伯祐三と山田新一展」メモ >>