サンレミは彩の街

サン・レミ・ド・プロヴァンス

光と文化、香りと音が踊りきらめく街。

またいつか来れるだろうか、、
f0091634_21342565.jpg

# by sketchfarm | 2018-07-15 21:36 | 2018南仏 | Comments(0)

カシスの少年

マルセイユから、バスで海沿いを40分ほど西へ向かった小さな漁港。

CASSISで書いてカシというのですが、自分的にはカシスと言いたいので、
「カシスの少年」としています。ダメかな、、

おそらく観光用だとは思うのですが、カラフルな木造船がたくさん
浮かべてあって、可愛く華やかな漁村でした。

f0091634_11101174.jpg

# by sketchfarm | 2018-07-11 11:10 | 2018南仏 | Comments(0)

夜のマルセイユ旧港

旅の最初の夜を過ごしたマルセイユ。

旧港はとても大きな港で、
宿のほぼ対岸にあった食事の店まで行くにも、
かなり歩かないと行けなかった。

f0091634_15452079.jpg
F3 ホワイトワトソン ダーマトグラフ 透明水彩
# by sketchfarm | 2018-07-08 15:46 | 2018南仏 | Comments(0)

今回の挑戦

今回の個展で最大の挑戦は、、

スケッチしてきた主題を、単純化して強化すること、、

すなわち線による意思の表現と色彩による温度や情感を
さらに純化しつつ、強くしたい。
水彩特有の繊細ではあるが、希薄さ、儚さから脱却し、
存在そのものを強く、厚みのあるものにしたい。
強くなりたい。
(100年前から試みられている風景の抽象化の過程と言えばそうなのかもしれませんが、
今を生きる私にとっては、切実な今の私の課題であり、美術の進化とは関係ないのです)

そんなイメージがずっとあり、今回の旅でビュッフェの原画を見て、その強さに
圧倒されたのも大きかった。
イメトレはもうずっと数ヶ月あるのに、もどかしさがあって、
動機なしでは書いてはいけないという思いもあり、
スケッチ後の開始としました。

水彩やアクリルでは求められない色彩の強さ、深さ、発色というものが
どうしてもあり、、
50にして最大の挑戦、、

それはついに、、、油絵の具の使用です。

アクリル併用ではあるのですが、
以前から画材店さんに勧められていた、DUOというホルベインの水で溶ける
油彩絵の具を使って見ています。

カドミウムレッドが半端なく強く、美しい。
高かったですが「ヒュー」ではなく、本物の「カドミウムレッド」
発色強すぎです。

そして、、乾かない!!
梅雨ということもあるのでしょうが、アクリルでは数時間で乾燥するところ、
1日置いた程度では全く乾きません。
うーん、もどかしい。
早く重ねたい、塗りたい、、でも触れない、、
こんな経験は、高校生以来です。

ビートルズといい、油絵の具といい、どうしてこんな
50歳を超えたいいとししたオッサンが、ドキドキとした
初体験をしないといけないのだろうか、、
ほんと不器用な人生だなあ、と思いつつ、絵の具が乾燥する間、
他の仕事をすればいいのだ、と考えを前向きに持って行こうとしています。

この作品群がうまくいったら、少なくとも強度と存在感で
他の作品がかすんでしまうかもしれません。
それも一興。どうなるか、、

f0091634_03513011.jpg



# by sketchfarm | 2018-07-08 03:58 | 2018南仏 | Comments(0)

エアポートギャラリーで個展

<浜地 克徳 絵画作品展 開催のお知らせ!>

2年ぶりの鹿児島空港での個展となります。

今回の展示は、先月に取材した南仏プロヴァンスでのスケッチ作品がメインとなります。
それらの原画と、そのスケッチを元に書き下ろしたアクリルによるタブロー作品、
そして、地元鹿児島や桜島、蒲生の日常の風景をはじめ、
なんと昨日世界遺産登録が決定した、天草・崎津教会をテーマとした作品の展示も行います。

多様性に富んだ作品群、約50点を展示いたします。
空港へ遊びに来られたついでにでも、ぜひお立ち寄りください。
よろしくお願いいたします。


タイトル:浜地 克徳 絵画作品展

会期:7月20日(金)〜8月2日(木)最終日は正午まで

作家在廊日:できるだけ在廊しようと思っておりますが、不在の場合もあります。
在廊する場合は10:00〜16:00くらいになると思います。

f0091634_18022166.jpg
f0091634_18023567.jpg





# by sketchfarm | 2018-07-02 18:04 | NEWS! | Comments(0)

サンレミの色

これまで私はスケッチや絵を描くときに、
息を詰めて、描いていたように思う。

なので、描き終えたとき、
ようやく解放され、ハアハアと肩で息をする、、
いつしか、そんな描き方をしていたのかもしれない。

なので、絵を描くこと自体、疲れることが多かったし、
絵を描くこと、、イコールどこか苦行であり、しんどい事、、
そんな認識が無意識にあったのかもしれない。

なので、事あるごとに、楽に楽に、肩の力を抜いて、、
そんなことを自分に言い聞かせてきたこともあったと思う。

今回の南仏旅行も、無事に、事故なく移動することに集中するあまり、
旅自体に疲れ切ってしまうような状況の中、
旅の最後になって、ようやく緊張が解け、現地を楽しめるようになった、、、

そんな頃に訪れた街が、
サンレミ・ド・プロヴァンスだった。

今回の個展では、画像のような自由な彩りを意識した作品も展示しますが、
この街との出会いが、自分に課していた型や規制を打ち破り、
絵を描くこと自体を楽しめるきっかけになったような気がしています。

個展のご案内はまた改めていたします。
お楽しみに!

f0091634_21520004.jpg
f0091634_21515585.jpg
f0091634_21514640.jpg

# by sketchfarm | 2018-06-26 21:54 | 2018南仏 | Comments(0)

楽しい感覚

美しい街・ルールマランの姿を、小さなパネルにとどめようと、

下地塗りもしない、シナベニヤのパネルに、ダーマトでいきなり
ドローイングしてみたら、、、、


合う。
合う!

滑らかな筆致、緩急、強弱の表現、繊細な感覚を受け止めてくれて、
気持ちいい!

ダーマトで、こんなに気持ちよく描けたのは発見でした。
もっと早く気づけばよかった、、、、、

さて、、どう仕上げて行けばいいかな??

f0091634_22004589.jpg

# by sketchfarm | 2018-06-25 22:02 | Comments(0)

ちょっとデザインの仕事の話

スケッチとは別の、もう一つの本業、、
(私、本業がいくつあるんだろう、、、一応は、絵画、デザイン、カフェの3つが本業と言えます)

デザインの仕事のお話をちょっとさせてください。


企画デザインでお手伝いさせていただいた、
姶良市特産品協会による姶良ブランディング企画商品
「Trois des Aira 3つの姶良」の第1弾、
「3つのお茶」が発表、発売が開始されました。

姶良市産の3つのお茶、

緑茶、くわ茶、紅茶の詰め合わせ。

一煎パックになっていて使いやすく贈りやすい形態に。
姶良市を紹介するガイドパンフも入っています。

現在、

・姶良市蒲生町 くすくす館
・加治木町 わくわく園 

にて販売されています。
販売場所もこれから増えていく模様。
蒲生茶廊zenzaiでも、後日販売開始します。

864円

姶良のおみやげにどうぞ〜

f0091634_09492281.jpg
f0091634_09494054.jpg
f0091634_09495991.jpg

ちなみにデザインの仕事では、こうしたパソコンを使った
デザインが多いです。あえて個性を出さず、黒子に徹するのがデザインの役割だと考えているからです。
仕事によっては、手描き、個性をだすこともあります。


# by sketchfarm | 2018-06-24 09:53 | NEWS! | Comments(0)

最後の街・サンレミ・ド・プロヴァンス

6月6日は実質上、旅の最後の日。
残り3日間は、帰るための移動日となるためです。

レ・ボーで、ややスケッチ意欲がで始めたところで、
気になっていた近くの街、サンレミ・ド・プロヴァンスに立ち寄ってみました。

ここは、ゴッホが多くの作品を描き、一時期療養していたことや、
預言者ノストラダムスの生家があることで(実際みました)
知られていますが、、

町の無料駐車場(これは素晴らしい!)に車を停めて歩き始めました。
最初は、なんだかしょぼい街かな、、と思いつつ、町の中心部を
手探りで探し始めたところ、、

すぐ、旧市街の中心部へ続く路地が見つかりました。

規模は小さいながら、インテリアショップや雑貨店、布、服を売る店、ギャラリーが
多く、とても文化的な街でした。美味しそうなレストランやカフェもたくさんありました。
曲がりくねった狭い路地、明るくカラフルな建物、
この明るさと清潔感、、、
この旅行の中行った先で、一番いいなあと心から実感できました。

観光地だから、、と言ってしまえばその通りなんですが、
3年前に行った、スペイン国境の街・セレなどと近い雰囲気。

すぐとてもこの街が好きになりました。
短い時間でしたが、スケッチも進みました。
f0091634_17214889.jpg
f0091634_17230898.jpg
f0091634_17252095.jpg



あと、町の中心にあるエストリヌ美術館では、偶然、ビュッフェの企画展が
開催されていて、ビュッフェの1948年から58年にかけて制作された
モノクロームの作品群を見ることができました。
f0091634_17154590.jpg
こういうことも、絵心が多少刺激されたのかもしれません。
少しだけ現場で描いたスケッチをアップします。

f0091634_17175860.jpg
f0091634_17181310.jpeg
この街は、清潔感もあり、荒れた感じもなく、とても治安も良さそうであり、
こじんまりとした規模、文化の香りもあり、全体として安心感を得ることができました。
なので、スケッチも進んだと思います。
残念なのは、旅も最後の最後になってようやく気に入った街と出会ったこと、、
ちょっと悔やみつつ、、、、

ルシヨンの宿へ戻りました。

でも、本当にサンレミ・ド・プロヴァンス、素敵なところでした。
オススメです!



(余談)

次の日は、朝早く出て、一路マルセイユへ。
必死のパッチでなんとか高速道路にのり、
南仏でもあるんだなと思いつつ渋滞に巻き込まれ、
ガソリンスタンドを探しつつ、迷い、、、
治安の超悪そうなエリアを雨のなかウロウロしつつ、、
それでも、どうにかガソリンを入れ、焦りましたが、、
奇跡的に時間内にレンタカーを返却、マルセイユ駅に来れました。
f0091634_17551584.jpg
雨のマルセイユ駅。大きい駅舎でした。



次は、またしても新幹線TGVがストライキで欠便。
切符を次の便に変えてもらう交渉をするも、、、、、

フランス国鉄の窓口の女性の愛想が悪すぎて、、、、

f0091634_17523328.jpg
(写真、4番の女性。フランスでは、概して若い女性の窓口が愛想が悪かったように感じました。
まるで、ストライキは私が決めたんじゃない、私に文句言わないで!って感情でしょうか?
男性や、高齢女性は親切でした。概ね。個人的感想。)




サービス精神のかけらも感じられない、めんどくさそうな、
あたかもアジア人を見下すようなその態度に(真偽はわかりませんが)
これまでの素敵な人たちとの出会いや体験のいい思い出が
全て消え去るほどの悪い感触を味わってしまいました。
旅行者との接点、一番の最前線の窓口対応でこの接客では、
フランス、及びフランス国鉄の未来はいかばかりか、と悲しくなりました。
(今はもう忘れましたが、このあと数時間はとても嫌な気分でした)

でも、切れずにに時間がかかっても、多くの後ろの客の事も、
心を鬼にして、あえて空気を読まず、
じっくりこちらの希望が叶えるまで交渉をしました。

で、ようやくどうにか振替切符を出してもらっ他のですが、
(それも、目も合わさず、失礼にも放り投げられました)
ストライキの関係で、予定のシャルルドゴール空港駅までは行けず、
パリ市内、リヨン駅でおろされ、訳のわからない地下鉄で、右往左往して
どうにかこうにかシャルルドゴール空港駅へたどり着き、、、
どうにかこうにか飛行機に乗り、
どうにかこうにか無事帰国できました。
最終的には、大きな事故や事件に合わず、
命があってよかった、、と感謝するばかりでした。

なので、ルシヨンの街から鹿児島へ帰るのに、まる3日間、72時間ほど
かかった計算になります。
(そのうち1日はフランス国内大移動、半日は東京〜鹿児島間)

旅の行程としてはあまり要領がいいとは言えないですね。
鹿児島、、ということも原因かもしれませんが。

いずれにせよ、いいことも悪いことも全て含めて
贅沢な時間をすぎさせていただいたことに感謝するしかありません。

以上、今回の南仏旅行のレポートを終わりますね。
ありがとうございました!

よかったら、ご感想、コメントなどお待ちしています。
非表示をご希望の方は、「非表示ボタン」を押して、
コメント中にも「非表示希望」と一言お書き添えください。









# by sketchfarm | 2018-06-21 17:49 | 2018南仏 | Comments(0)

レ・ボーでアートと出会う。

レ・ボーという場所がある。
アルルの北東10キロ程度の街で、ここにもこれまで2回訪れたので、これで3回目となりました。
ここは、石灰岩の奇岩でできた山そのものが城塞都市として築かれており、
非常に面白い景観を形成しています。
道も、建物も、全て白い石でできていて、まるでおとぎの国の世界。
道や家々が有機的に空間が織り成されていて、、
なんだか魅力的なんです、。
カフェやお土産やさん、などもたくさんあり、
中でもここのオリーブオイル屋は地元のレ・ボーで取れたオリーブで
作った新鮮なオイルを作っており、とても美味しいので、ほぼ
オイルを買いに来るような感じです。
f0091634_19110956.jpg

f0091634_19024939.jpg
画像は2010年のレ・ボーの作品。

f0091634_19040966.jpg
f0091634_19042508.jpg

f0091634_19050018.jpg
f0091634_19070010.jpg


小さい村ですが、美術館が3つもあります。

f0091634_19044117.jpg
クイリキというフランスの画家の作品が展示されている美術館や、、
ブライヤーの作品を収蔵するギャラリーでは、
ポールシニャックの水彩画の実物も見ることができました。

それに感化されたのか、3度目の訪問で落ち着いた気分になれたのか、
ここにきて、ようやくスケッチする気分になれました。

あとピカソ美術館もあったのですが、混んでいたのでスルーしました。

レ・ボーを後にして、、、、

次に立ち寄った小さな街が、、
とてもよかったんです。
それはまた明日以降にご紹介しますね。


# by sketchfarm | 2018-06-20 19:12 | 2018南仏 | Comments(0)