MINATO CAFEのマグマライス

今回のスケッチ会で立ち寄ったMINATO CAFE。

新しくできた桜島フェリーターミナルビルの3階にありました。


クラウドファンディングで「みんなと作った港にあるカフェ」だから、

みなとカフェらしいです。

イカスミライスから、カレー風味のマグマソースが流れ出て、、

とても美味しかったですw

カフェの雰囲気もよかった。


f0091634_21272045.jpg

# by sketchfarm | 2018-05-19 21:29 | 鹿児島スケッチ | Comments(0)

第36回 かごしまスケッチ会 定例会 「桜島」

5月19日は第36回 かごしまスケッチ会 定例会が開催されました.

会場は「桜島フェリーの周辺」

午前中は、桜島桟橋の周辺、午後からはフェリーに乗って、桜島へ渡り、
新しくなったフェリーターミナルを含めて、その周辺のスケッチを楽しみました。

しかし、夜中の雨の影響で、とても蒸し暑いコンディションでしたね。
湿気はかなり体力を消耗します。
それでも、参加メンバーの皆さんは、果敢に対象に向き合って
スケッチ指定られました。

では、参加メンバーの作品の一部をご紹介します。

まずは、、
鹿児島側のターミナルにある「やぶ金そば」を描いたHさん。
とても丁寧に観察され、特にノレンの奥にあるカウンター側の空間が
奥行きを感じさせる誠実な作品ですね。
色つけをした状態がみたいです。
f0091634_20441458.jpg




次からは桜島の作品ではなく、これまで描いてこられた作品です。
Sさんの名山ボリにあるカフェを描いた作品。
線や色彩に清潔感を感じます。
今後の展開が楽しみです。
f0091634_20441487.jpg




続いて、、前回の川内、新田神社を描いたJHさんの作品、、
ジャスミンピンクと言われる独特な色彩感覚は、作品を見ればJHさんの作品だとわかります。
陰影、光と影の表現が加われば、さらに明るくなるでしょう。
f0091634_20441329.jpg




続いては、先日、尾道にスケッチ旅行をしてこられたというIKご夫妻。
まずは、奥様の作品。
ペンスケッチもたくさん書かれていて、線が走り、スマートなスケッチも多いのですが、
これはダーマトグラフによるもの。
頂上のお城と下界に広がる日常の世界が、山の有機的な広がりと新緑の息遣いで
繋がって、柔らかく優しい表現となっていて魅力的です。
f0091634_20441454.jpg




続いて、ご主人の作品。
とても清々しい見下ろしスケッチ。
遠くまで広がる空気感が感じられます。
とても丁寧に描かれた手前の街の表情が作品に説得力と迫力を与えています。
f0091634_20441466.jpg

他にも、線が走り充実した作品をたくさん描いてきたTYさんや、
豊かで明るい港の風景をパノラマに描いたHGさん、
茅葺屋根の古民家を精密に描いていたFZさんなど、いい作品がたくさん作られていました。

新しくできMINATO CAFEのランチのスケッチも楽しかったですね。
f0091634_20594091.jpg

f0091634_20441413.jpg
湿気でなかなか体力を消耗した日でしたが、フェリーに乗って小旅行を楽しめた
スケッチ会になりました。
途中で、体調を壊されたSKさん、参加表明しつつ、来れなかったKIさん、
また次回楽しみましょう!

で、、次回なんですが、、

7月20日から、エアポートギャラリーで個展のため、
8月4日(土)に日程をずらせていただくことにいたしました。
場所は、霧島神宮です。

また詳細は、幹事の瀬戸口さんからご連絡していただくと思います。
よろしくお願いいたします!








# by sketchfarm | 2018-05-19 21:04 | スケッチの会 | Comments(0)

田園

最近、自宅の周辺の散歩道から見える風景が、
とみに美しく感じる。

意図的に配置されたものはほとんど無い
状況ではあるので、なぜこんなにも心を打つのか
わからないでいます。

ここは、私がいようがいまいが、
どうだっていい、ただそこにあるだけ
あるがままの姿があります。

春夏秋冬の美しさを感じて歩ける事に
感謝です。

f0091634_09284675.jpg

2018 木製パネルに透明水彩、鉛筆
100mm 100mm





# by sketchfarm | 2018-05-04 00:28 | Comments(0)

特攻花の咲く散歩道

5月が近づく鹿児島・蒲生。

日中はかなり暑くなるが、朝、夕は冷たい空気が流れ心地よい。

朝と夕、犬の散歩で自宅の近くを歩くのですが、
広々とした田んぼの中の道が、最近お決まりのコースです。

ここらの田んぼにはレンゲが咲き、土手にはスミレがかなりたくさん咲いたりして
楽しい。空からはヒバリのさえずりも。

スミレが消えて、ハルジオンが目立ち初めてきて、
その中でひときわ異彩を放つ黄色い花が、、

これは特攻花と呼ばれる外来種の菊類の花。
特攻隊の出撃の時期とちょうど重なっていたため、そう呼ばれています。
黄色がきつく日本的ではないので、あまり好きではなかったのですが、
よく見ると結構可愛げがあり、少していねいに描いて見ました。

ワトソン紙に鉛筆で描くと、水彩で結構流れてしまって、
少し色が濁ってしまった。
いつものバンブー紙では、そんなことはおこらないので、ワトソンでは
やはりペンがいいかもしれない。

f0091634_16475905.jpg






# by sketchfarm | 2018-04-28 16:49 | 鹿児島スケッチ | Comments(0)

雨のプラハ 習作

雨のプラハを歩いたのは2011年だから、もう7年前になる。

スメタナの憂いを含むモルダウが頭の中に流れる中
プラハ城へ向かう道。
初めての東欧の香りが残る街のムードは雨が似合っていた。

このところ、センチメンタルでナイーブになりがちだったスケッチ。
自分にとって癒しの時間という感覚もあった。
とにかくスケッチに力を込めることができない日々が。

海外へ行くと、日常のあれこれから離れ、無心に感動のまま
スケッチに向き合うことができる。
そのために、これまで、やや暴力的とも言える方法で、
海外へ向かっていたこともある。

スケッチは、やはりスピード、そして線の強さが欲しい。
いまいちど、確認したくなった。

でも、まだまだです。
f0091634_23530314.jpg

# by sketchfarm | 2018-04-17 00:00 | 国内外スケッチ | Comments(0)

春の北中河川公園

先日、さつま川内市方面での仕事の帰り、春の陽気の運転に
少し眠くなってしまいました。
家に帰り着く前に、、、

お気に入りの場所に車を止めてひとやすみしました。
川のせせらぎの音を聴きながら、、

ここは夏に子供を連れて水遊びなどさせるところ、、
春にくるのはあまりないかもです。

ちょっと昼寝を、、と思ったのですが、
木陰の感じが美しく思えて、
ちょっとだけスケッチ。

したら、眠気が飛んでしまいました(笑)

f0091634_18230515.jpg
ホワイトワトソンSM マークシートシャープ1.3 B W&N透明水彩








# by sketchfarm | 2018-04-14 18:24 | 鹿児島スケッチ | Comments(0)

coconでの展示

先日、蒲生のゲストハウス、coconでの作品展示作業を行いました。

新作2点を含む、計8点を室内に配置しました。
今回は、外国のゲストが多いこともあり、
鹿児島のシンボルである桜島を主題とした作品を選びました。

室内外は、おそらく100年以上の薩摩の郷士屋敷の持つ、
居室と縁側と庭との自然な関係が織りなす和の味わいと
オーナーであるフランス人の感性が溶け合う不思議なムードがあり、
とても魅力的です。

建築を傷つけないように、釘一本、針一本壁にさすことなく
設営をするのに、神経を使いましたが、なんとかうまく展示できました。

ここの雰囲気はとても素敵です。
空気は優しく流れ、縁側に座り庭を眺め、ひととき
いろんな思いに浸っていました。

多くの方に見ていただきたいと思います。



f0091634_00075273.jpg
f0091634_00082542.jpg
f0091634_00073607.jpg

# by sketchfarm | 2018-04-07 00:29 | NEWS! | Comments(0)

coconで企画展

地元の姶良市蒲生町にあるゲストハウス・cocon にて
個展を開催することになりました。

coconは、友人のフランス人マックスと陽子夫妻が経営する古民家をリノベーションした
レンタルハウスです。
ここは、coconのロゴのデザインをしたり、、とても思い入れのある場所です。
縁側や庭、大工仕事のできるマックスが丹精込めて手をかけた
室内や家具の佇まい、、、素敵な空間です。
しかも最近は、世界各国からの予約で殺到、ほとんど予約でいっぱいという
ことです。

ここで、「鹿児島・桜島」をテーマにした作品8点を厳選。
期間限定の個展を行うことになります。

原則非公開なのが残念なのですが、
オーナーと相談して、オープンハウス的な公開ができたらいいなと
思っています。
7月20日からは空港で個展があるので、それくらいまでは展示させていただくかもしれません。

歴史ある古民家とのマッチングをお楽しみください。

f0091634_19195706.jpg


f0091634_19195618.jpg


f0091634_19195689.jpg



# by sketchfarm | 2018-04-03 19:24 | NEWS! | Comments(0)

隼人漁港から見える桜島

ここ数日、鹿児島は夏のような陽気。
全国的にもそうなんだろうけど、、

桜島の小品の必要があり、急遽、隼人漁港へ、、。

ここの漁港も割と好きで、時々行く。
こじんまりした港には、プロの漁船団がいて、重富の漁港とは
緊張感が違う。

ここから見える桜島は、高速道路越しに見えて、なおかつ
形がとんがって見える。
市内から見える横長の形とはかなり違っている。

板にダーマトグラフ、インダンスレンブルー単色で着彩という
ブルーシリーズの手法で制作した。



f0091634_17280442.jpg

# by sketchfarm | 2018-03-31 17:32 | 鹿児島スケッチ | Comments(0)

かごしまスケッチ会第35回定例会 川内市

3月24日はかごしまスケッチ会、第35回の定例会、

会場は、今回初めてとなるさつま川内市の川内でした。

今回の出席者は15名。(午後から帰られた方も含めて)


まずは市内の新田神社で集合。

折しも、さくら祭りの初日ということで、満開の桜が我々を迎えてくれました。


新田神社は、初めて行くところでしたが、陵墓と神社が一体となっているのは全国でも珍しい形態であり、

興味深い神社でした。長い参道の両側には桜並木があり、大鳥居の先には、太鼓橋のような形の石橋がある

美しい佇まいです。裏には、可愛山陵(えのやまのみささぎ)があり、ニニギノミコトの墓とされ、

昭和天皇始め、皇族方の参拝が多くある山陵とのこと。


私は、その石橋付近の雰囲気を描こうと、最初インクの出がいいマクソンのペンで、

F6のスケッチブックに向かいましたが、なぜか力んでしまって、うまくいきません。

言い訳としては、鳥居と石橋を入れる構図を描くには、道路を挟んでいるとはいえ、

引きがなかったのと、「桜」に対する苦手意識があったのかもしれません。


結局、最近メインで使っている竹のサムホールで、力を抜いてスケッチ。

今回初めて折りたたみのテーブルを持って行ったので、ゆったり時間をかけて着色までしました。

軽いスケッチでしたが、今回はかなり苦戦、時間もかかりました。
小さな保育園児が引率されていたところをスケッチしました。


午後は、川内港へ向かい、甑島へ向かう高速船乗り場で集合、講評会を行いました。

私は、高速船乗り場の川内川を挟んだ対岸、人っけが全くない岸壁に車を止めて、

半ば午睡を楽しむようにスケッチしました。

f0091634_19184909.jpg

f0091634_19161229.jpg


<今回のメンバー作品 3点>

今回の定例会で合評された作品の中から厳選3点。
今回から「1等賞」を選定しています。(賞金、賞品はありませんが、、w)

1、Hさん「出水 宮路邸」

ジャスミンピンクの作風で知られるHさんが、去年の11月の定例会の際の作品を
仕上げてくれました。晩秋の木と武家門がバランスよく表現され、時空が歪んでいるかのような
不思議な空間ながら、違和感なく収まっています、
画像では色味が少ないですが、原画の色合いは美しいです。

f0091634_19194455.jpg

2、姶良のHMさん「Cafe Indigo」

1月の新年会・定例会時の名山堀にあるカフェスケッチを仕上げてくれました。
南仏の雰囲気が漂う小さなカフェのファサードのムードをよく捉えていて、
細かい表現もですが、見下ろし的な難しい構図ながら、狂いもなく魅力的な作品となっています。
影の付け方がよく、立体感と明るさが出ました。

f0091634_19203237.jpg

3、TYさん「名山堀」 ※今回の1等賞!

同じく1月の新年会・定例会時の作品。当日、寒かったのですが、名山堀の中で、
ひときわ昭和の名残を残すポイントを、絶妙なアングルで切り取っています。
低い目線で、ドラマチックな画面となりました。
表現も的確で、さながら「3丁目の夕日」そのままです。ペーソスあふれる
タッチで、大人の魅力溢れるスケッチになりました。

f0091634_19211081.jpg

以上、定例会のレポートと参加メンバー作品紹介でした。
みなさま、お疲れ様でした!
次回は5月19日、舞台は「阿久根」です。
お楽しみに!

f0091634_19340302.jpg








# by sketchfarm | 2018-03-24 19:27 | スケッチの会 | Comments(2)