三鷹駅のキオスク

昨年、永沢まこと先生の講評会、岡部慶子先生、佐藤麻衣子先生の教室の見学に訪れるために
上京した。その際、農業時代に何度も力を貸してくれたサイトーさんと会う事に。三鷹駅で待ち合わせのために、しばし時間があったので、夕刻のキオスクの雑踏を描いてみた。
東京の人の「冷たい」視線に耐えながら、、。

F4 画用紙 ペン
2005年9月 東京・三鷹駅
f0091634_13253512.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-24 18:11 | Comments(0)

バンコク駅前にて

チャオパラヤの王宮から、トゥクトゥクにのってチャイナタウンを抜けて、
フォアランポーン駅まで帰ってきた。
駅前のロータリーの正面に、古びた雑居ビル群の風情にそそられた。
タイ語の色とりどりのカンバンがちりばめられていて、美しい。
立って描いたが、熱いわ、うるさいわ、30分が限界だった。

F4 ミューズ ワトソン 透明水彩
2005年7月 タイ・バンコク
f0091634_17475679.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-24 17:48 | Comments(0)

カフェマノン

県民交流センターの2階にあるカフェ。
下の坂元さんたちとカフェスケッチを行った。
サンドイッチは、NPOの早川さんがたのんでくれた。
スケッチが描き終わるのが、結構おそかったので、
食べるころには、ひからびてしまった。ごめんなさい。

F4 ワトソンペーパー 透明水彩
2006年3月8日 鹿児島・県民交流センター




f0091634_17293115.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-24 17:33 | Comments(4)

坂元さんの作品「カフェマノン」

「カフェスケッチに挑戦」1回目の時の作品。
坂元さんは、とまどいながらもよく観察してテーブルの上に並ぶ、
いろいろなモチーフを描く事ができた。
着彩は宿題だったが、次回にはきっちり色をつけてもってきてくれた。
明るい、ちょっとポップな感じのする雰囲気にしあがった。

独特のタッチで面白い。

F4 水彩紙に透明水彩 坂元ミツエ画



f0091634_12573118.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-24 12:59 | 生徒さん作品 | Comments(0)

アソークの賑わい

「バンコクの賑わい」というタイトルで表記した時もある線画の作品。
バンコクの雑踏をかきたい!という思いにかられ、キョクトーのA4画用紙を、バンコクの百貨店で買い求めて、ショッピングセンターの前に座って描いた。

すさまじい数の人々が通り過ぎて、その歩く人の髪の毛をかき、耳はまた違う人、シャツ、腕、カバン、足、すべて違う人間のパーツを合成しなくては、一人の人間に構築できません。
待ち合わせで座っている人は、まだ容易ですが。

画用紙とピグマペンの相性がすごくよくて、線がなめらかに走る。
色はあえて付けないでおいた。

熱いし、人は多いし、見物人がたまって、いろいろ注文をつけてくるし、ハードなスケッチだったが、人と町のパワーに押されるようにして描いた。

2005年7月 バンコク・アソークにて
A4画用紙 ペン
f0091634_8213431.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-21 08:24 | Comments(5)

1日体験教室

県民交流センターで行われる、NPO関係のイベントの中のひとつのコンテンツとして
「線による水彩スケッチ・1日体験教室」を行ってきた。

室内で、しかも短時間でできるスケッチということで、絵にした時にある程度の雰囲気が出て、
しかも小さい紙に収まりやすいモチーフという事はなんかないか???

と考えていたが、結局、キッチン周りの雑貨やお菓子などにした。

数日前から画材、モチーフ、教材の準備をし、教材の参考資料として、スケッチ仲間(小田切さんのイラストスケッチ展示室)の中から、一番ばっちりの作品をかいていた、藤田さんの作品を
拝借。もちろん藤田さんご本人に使用を許可をいただいて、、。

それにしても準備がたいへんだった。
当日の参加者もどこまで見込めるのか、予測もつかない。
身内はみんな、川内でおこなわれる、セイカさんのコンサートにいってしまった。

結局、教室の生徒の坂元さんと、最悪のための保険(失礼!)にと、声かけさせていただいた
高橋さんご一家のみの参加。

イベントの流れでの参加者は1名、NPOの紹介1名、という結果。
もう少し積極的に、声かけしておけばよかったかな??

でも用意していた画材などからすれば、あまりたくさんの身内を呼ぶわけにもいかず、
それはできなかった。1日、それも2〜3時間でできる事ってとても限られる。
イベントのネタとしては、なじまなさそうという事がわかった。

坂元さん、高橋さんご一家、あと2名の参加者の方が、楽しんでくれたので、
よしとするか!(でも、もう今後はしないとおもいます)

教材を提供してくれた藤田さん、ありがとうございました!
(藤田さんの作品をアップさせていただきます。かわいい絵ですよね)

f0091634_17533791.jpg
# by sketchfarm | 2006-03-19 17:54 | スケッチ教室だより | Comments(0)

坂本さん・「バランス」

スケッチ教室の生徒さん、坂本ミツエさんの作品。

坂本さんは、これまでいろんな技法の挑戦されてきた、熱心な生徒さん。
毎回、真剣に取り組んでいます。
新作も、毎回、持参されて、絵をかきたい気持ちでいっぱいなのでしょう。

植物が好きな気持ちもつたわる、素晴らしい作品。
これは何の植物なのか、聞き漏らしました。サボテンか??
今度、専門医療雑誌の表紙を飾る予定とのことで、まもなくイラストレーターデビューも
近いようです。

他の作品もどんどん紹介していきます。
f0091634_199130.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-18 01:17 | 生徒さん作品 | Comments(0)

中国茶カフェ・かねじょう

天文館・グルメ通りにある、飲茶の店。
いろんな種類の中国茶がそろえてある。
センスのいい調度品でインテリアがまとめられており、大人の空間。
蒸し団子と湯の中で、花びらがとろけて広がるバラのお茶をいただきながら
スケッチ。

2005年 鹿児島天文館 F4 ワトソンペーパー ペン 透明水彩
f0091634_2126496.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-15 21:26 | Comments(4)

トゥクトゥクと子供

ラオス国境の町、サワンナケートを朝、自転車で散歩していたら
色とりどりのフルーツが山盛りになっている屋台をみつけた。
ジャックフルーツやドリアン、ライチなどを、家族全員で荷下ろしして、ざるの上に
並べる。
そこへ新しい果物を満載してトゥクトゥクがやってきた。
お父さんが運転し、小さい子供が2人のっていた。
お父さんは仕入れてきたばかりの果物をおろし始める。子供はトゥクトゥクのまわりを
うろちょろ。
きっと新しいピカピカのトゥクトゥクが誇らしいんだろう。

2005年7月 ラオス・サワンナケート

F6 ワトソンペーパー ペン 透明水彩
f0091634_12532434.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-14 12:35 | Comments(2)

天文館・無邪気

ある方からの依頼で、描いてほしいとたのまれた絵。

「お店の50周年を記念してプレゼントしたい。」という常連さんからだった。

とにもかくにも、行ってみないとわからない。ということで、その依頼主さんと
お店におじゃました。(というか、ただ単に飲みにいった)

なんともいえない、いい雰囲気でほんわかしていた。
年齢層が高い、いい常連さんたちが、やさいい空気を作っていた。
それもその店が作ってきた「味」なのだろう。
もちろん料理の味も最高。

2005年12月 天文館

F4 ワトソンペーパー ペン 透明水彩
f0091634_974281.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-13 17:08 | 天文館スケッチ | Comments(0)