岩下清香さんのライブのためのイラスト

鹿児島・蒲生の蒲生茶廊ZENZAIで開かれるライブのための
イメージイラストです。

岩下清香さんの歌がとてもいいんです。
鹿児島在住の方ですが、もともとは東京で活躍されていた方。
ライブの宣伝のためのイラストをかかなければならなかったのですが、忙しさにかまけて
なかなか描けないでいました。

昨夜、その人の歌を聴きながら、ボーッとしていると、ふとビジョンが浮かび、曲や詞の世界と
重なる瞬間がありました。その辺にあった紙とペンで一気にかきました。

夢をメモするような感覚。

下書きのつもりだったのですが、この絵をみた娘がめずらしく父親の絵に反応。
「おお!」といいました。
こどもの直感は正直です。やはり本番に使おうと決めました。

幸い、清香さんご本人にもご了解をえられましたので、チラシのイラストとして使用する
ことにしました。

B 5 画用紙にボールペン
f0091634_16192576.jpg

# by sketchfarm | 2006-04-27 16:19 | Comments(1)

ブルース・リンチの1日スペシャル講座

WWOOFのシステムを利用してオースラリアから来日、我が家に滞在していた
パステルとエアブラシを主体とした細密描写で知られる画家であり、サインペインターのブルース・リンチさんを特別に教室に招き、1日だけの特別講座を開いてもらいました。

http://www.wwoofjapan.com/japanese/index-j.shtml

ブルースさんが画家歴、40年以上のベテラン。ありとあらゆる絵の制作に関わってきた方です。作品集を見せてもらいましたが、その表現のテクニックは衝撃的でした。

今回は特別に、透明水彩のスケッチでの、絵の具や水の使い方、ぼかしのテクニックなどを基本とした楽しいものとなりました。

一緒に教室へ向かう車中で、「製氷皿、製氷皿」と何回もいうので、とりあえず百円ショップで製氷皿を購入。ついでに人参も買っていきました。

講習を初めてもらって、ようやくその使い方がわかりました。
製氷皿はパレットと水入れとを兼用して使うことができ、保存ができるという事です。
つまり絵の具が乾燥しても、また水を加えれば、一度混色して作った色が、そのまま正確に
再利用できる。というものでした。とてもいいアイデアだと思いました。

僕自身も生徒になって、道具や絵の具、筆の使い方などイチから教えてもらいました。
参加された生徒さんたちも、いい刺激になったのではないでしょうか??
f0091634_11402895.jpg
f0091634_11404989.jpg
f0091634_1141797.jpg

# by sketchfarm | 2006-04-23 11:41 | スケッチ教室だより | Comments(0)

あたらしい教室

線で描くスケッチ教室の場所が、

鹿児島市総合教育センターの4階、図画制作室(だったっけか?)に固定化されました。

これで「流浪」の教室からめでたく卒業!よかったよかった!

美術館や中央公園にも近くなり、時間もフレキシブル(最大5時まで延長可!)なので

屋外スケッチで多少、時間が押しても大丈夫となりました。(もちろん皆さんの都合がつけば)

無料!の駐車場もついていて、環境は最高です。

皆様のご参加をお待ちしております。
f0091634_8104711.jpg
f0091634_8112146.jpg

# by sketchfarm | 2006-04-13 08:11 | スケッチ教室だより | Comments(0)

バンコクの子供

ここはどのあたりなのか、バンコクのスクンビット通りから伊勢丹の方向へ入り込んで
水上バス(ボート)乗り場の橋を過ぎたあたりの交差点付近。

同行したカメラマン柳田氏が、「じゃ私散髪しますんで。」といきなり消えた。
おいおい。
バンコクに不案内な私は、「ここどこ?」てな感じでおいてけぼり。

屋台で飲み物を買って、ひとまず休憩、とベンチに腰をおろして、
リラックスしてみると、タイの文字がこれでもかといわんばかりに、ひしめきあって
いる光景の中、雑誌なんかを売っている屋台の人の子供がうろちょろしていた。

腰をいれて、この読めない文字と子供を描いてみようと思った。

2005年7月 タイ・バンコクにて
F4 ワトソン 透明水彩 ペン
f0091634_22254983.jpg

# by sketchfarm | 2006-04-04 22:26 | Comments(0)

子どもスケッチに挑戦

昨日は、スケッチ教室の移転、日時を変更しての第一回目の開講日。
家庭の事情(保育園が春休み)ということで、子連れ出勤となってしまったので、
思い切って、子どもにモデルになってもらい、こどもスケッチをする事に!

まずは、生徒さんの近作の講評、子どもスケッチについての留意点、クロッキーについての
話をしてから、うろうろする子どもにスケッチブックとペンを持たせて、みんなで
絵を描こう!タイム。

講師&生徒さんは、子どもを狙う。
うごきまわる、じっとしない、表情がくるくるかわる、、、むずかしい!!!

写真は以前の長男スケッチの習作

2005年 ポストカードサイズのスケッチブック ペンに淡彩


f0091634_6231741.jpg

# by sketchfarm | 2006-04-02 06:24 | Comments(0)

城山の春

えいこさんが、初めて屋外スケッチに挑戦、仕上げた記念すべき作品。
ある春の日、みんなで教室を出てスケッチする場所をさがすために歩いた。

城山の交差点の歩道のはしっこには、街路樹のまわりにサークル状のベンチが
設置されていて、ちょうど木陰になっている。
そこにこしかけると、歩道ぎわにうえられた、小さいパンジーのようなビオラの花
が、いっぱい植えられていて、色とりどり満開だった。

えいこさん達母子は、そこをみつけてゆっくりとスケッチ。
いろとりどりのやさしいスケッチが仕上がった。

2006年3月 鹿児島・城山 F4 透明水彩

f0091634_69154.jpg

# by sketchfarm | 2006-04-02 06:09 | 生徒さん作品 | Comments(0)

城山公園から蒲生郷を望む

城山という山の上から、見下ろしたスケッチ。

遠望スケッチは意外に大変だった。
よーく観察しないと、あちこちがツジツマがあわなくなる。

F4 ワトソンペーパー 透明水彩 ペン
2005年 鹿児島・蒲生町
f0091634_20392862.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-28 20:39 | Comments(6)

下久徳の田之神

蒲生町に移って間もない春。
菜の花がまだ残り、ヨモギの新芽が美しい頃。
田んぼや住宅の中の細い路地を探しながら歩くと、そのかわいい
神様はたたずんでいた。
鹿児島では「たのかんさー」と呼ばれる、田んぼの神様は、片手にしゃもじ、
片手におひつをもって、収穫を願う。
吹き抜ける風がここちよいスケッチ。
雑草をじっくり描いてみた。

F4 ワトソンペーパー 透明水彩 ペン
2005年5月 鹿児島・蒲生町にて

f0091634_20331735.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-27 16:35 | Comments(4)

教室の場所・曜日の変更のお知らせ

来月、4月1日から「線と水彩によるスケッチ教室」の場所と曜日、ならびに時間がかわります!!!

場所:鹿児島市総合教育センター
日時:毎週土曜日 午後1時より3時まで

となりました。
場所が固定化されましたので、「安心して」(笑)スケッチを楽しむことができます。
場所は県文化センターとなり、美術館も近く、スケッチを楽しむ場所としては最高の場所です。

周辺スケッチ、また室内での人物モデルスケッチなどもやりやすくなります。

曜日も土曜日となり、皆さんの参加もできやすくなったのではないでしょうか??
皆さんの参加をお待ちしております。

スケッチを始めると、日常が、旅先が、2倍、3倍に楽しくなります。
楽しさをわかちあいましょう!そして描いた絵はどんどん、周囲の人にみせちゃいましょう!
きっと何かがかわってきますよ!

(写真は先日の1日体験スケッチ教室での1場面。アイちゃんが頑張ってかいていました)
f0091634_3562666.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-25 04:00 | スケッチ教室だより | Comments(0)

三鷹駅のキオスク

昨年、永沢まこと先生の講評会、岡部慶子先生、佐藤麻衣子先生の教室の見学に訪れるために
上京した。その際、農業時代に何度も力を貸してくれたサイトーさんと会う事に。三鷹駅で待ち合わせのために、しばし時間があったので、夕刻のキオスクの雑踏を描いてみた。
東京の人の「冷たい」視線に耐えながら、、。

F4 画用紙 ペン
2005年9月 東京・三鷹駅
f0091634_13253512.jpg

# by sketchfarm | 2006-03-24 18:11 | Comments(0)