<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ルシオン習作

先月、旅した南フランスのリュベロン地方。

その中にある、小さな美しい村・ルシオンは、土や建物が赤く染まった
赤い村でした。

この習作はギャラリー白樺でのグループ展にも
出品しましたが、これまでの禁則を破っての「定規」を使った線での
表現を試しました。

表情が固くなり、奥行きがなくなるという懸念を超えて、
線の強さ、規則性を優先させてみる実験でした。

このテーマは11月の個展に向けて色々試してみると思います。

f0091634_10324584.jpg

by sketchfarm | 2015-07-28 10:33 | 2015フランス紀行 | Comments(0)

第20回かごしまスケッチ会定例会〜串木野〜  続き

7月11日の第20回かごしまスケッチ会定例会の様子、続きです。

会の冒頭、薩摩英国留学生記念館のラウンジにて、
私(浜地)が描いて来た南フランスのスケッチを見てもらいました。
f0091634_53227100.jpg


会の終了時には、恒例の講評会を行いましたが、
今回は完成させた方が少なく、参加メンバーの作品を3点選んで写真を撮りました。
ここで紹介いたします!

f0091634_535222.jpg


まずは、小泉さんの作品です。
小泉さんは、小さいスケッチブックにいつもたくさん描かれます。
旅スケッチを既に自分のモノにしている。(習慣化できている)という事ですね。
小さい画面に大きい風景を入れこんでいくって、結構難しいんですが、できています。
着色をもう少し淡めに、特に遠くの山は薄く、近い建物はやや濃くという
「空気遠近法」の考えを取入れたらもっとよくなると思います。

f0091634_5382797.jpg


2枚目は冨吉さん。
ペンさばきが流麗、闊達、スケッチを楽しんでおられる感じがします。
上手いスケッチですね。
手前に伸びるテトラポットの一番前のモノをもっと大きく強調すれば、
構図的にもメリハリが付くのでは?と思います。

f0091634_5412427.jpg


3枚目は田中さん。
もうベテランといってもいいでしょう。
だいぶ前(16回)の石橋公園のときのスケッチですが、緻密で誠実なタッチと明るい色彩、
秀逸な空の表現、、、質の高いスケッチとなっています。

次回は、第21回ですね。9月です。
楽しみですね。
by sketchfarm | 2015-07-22 05:47 | スケッチの会 | Comments(0)

第20回かごしまスケッチ会定例会〜串木野〜

昨日は、第20回かごしまスケッチ会定例会。

今回は串木野・羽島の薩摩英国留学生記念館に行きました。
台風接近の影響で、あいにくの風と雨でしたが、
荒れた海を見つめながら、150年前(私が産まれる100年前に)
胸を高まらせ迎えの船を待つ、若い彼らの思いをはせながら
スケッチ。
風が強く早めのスケッチで済ませました。

帰りには、串木野の照島神社へ。
小さな島にある本殿とを結ぶ赤い太鼓橋がユニークです。
海や漁にまつわる伝説も多く、パワースポットという事です。
参加メンバーが島へ見学に渡っているすきに少しスケッチしました。

スケッチ会は2ヶ月に一度、鹿児島中央駅で集合、
日帰りスケッチを行う同好会です。
どなたでも参加できますので、
興味がある方は、お気軽にご参加ください〜

参加メンバーの近況スケッチは、次回投稿にて。

f0091634_1115581.jpg

f0091634_1116944.jpg

by sketchfarm | 2015-07-12 11:14 | スケッチの会 | Comments(0)

グルノーブルの路面電車

フランス・グルノブルの街は、かつて1968年に冬季オリンピックが開催されたところ。
なので、旧市街の周辺にはモダニズムの集合住宅などが林立し、
若干の大阪万博感が匂ってくる。

旧市街には大きな近代美術館の前を路面電車が走る上品な街。
この街は、蒲生町の友人、マックスの友人であるニコラ夫妻住んでいるため、
旅の最初に1泊、最後に3泊ほど泊めてもらった。
最後の日々では、路面電車にも一人で何度も乗り、
美術館や市場での買い物等を楽しめた。
で、この街でもやはり、去る間際になってペンが走りだした。
あちこちウロウロせず、最初から最後まで2週間、
ずっとここグルノーブルに滞在してもよかったかな?と
ちょっと思ったり。

f0091634_21322364.jpg

by sketchfarm | 2015-07-06 21:35 | 2015フランス紀行 | Comments(0)

永沢先生の展覧会・茶木さんの個展

2つのスケッチ展覧会をご紹介します。

永沢まこと先生が展覧会を開催されるということで、お手紙と共にチラシなどを
送ってくださいましたので、ご紹介いたします。
パンフなどで推察する限り、1980年代のニューヨークスケッチから、
近年の都市スケッチまでの集大成であり、まさに「都市画」という
ジャンルを生み出された軌跡を追体験できる展覧会となるそうです。

この時期に観覧ご希望の方は私までご連絡ください。
いい事があります。

■永沢まこと都市画展
2015年8月1日〜30日(8月26日休館)
武蔵野市立吉祥寺美術館

f0091634_145135.jpg


***************************************************

もう一つお知らせです。

一度鹿児島にも来て下さった、東京の永沢門下生のまとめ役でもある
茶木さんからも個展のお知らせが届いています。

こちらも茶木さん特有の、丁寧かつ独特なタッチで建造物を描ききる
力を放つ茶木スケッチが堪能できると思います。

■CHAKI YOSHITAKA 都市と街
アート イン ギャラリー
2015年7月7日〜13日
03-3402-0191

f0091634_1474759.jpg


あわせてタイミングが会うかたは、ご観覧ください!
by sketchfarm | 2015-07-05 14:09 | NEWS! | Comments(0)