<   2012年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

nude 2

急激に暑くなりました。

昨晩はオリンピックが楽しみで(子供か!)なかなか、寝付けずウトウトとしたら朝5時となり
開会式を見ました。感心するところ、少し中だるみする所もあるなか、終了。

午前中は、次の個展のためにヨーロッパの作品を選抜、再梱包して横浜へ送る準備。
全17点を自家製の大きな木製のボックスに、詰め込みました。
この作業に汗だく。なんとか終えて、冷水シャワーを浴びて気分転換。

午後は市内へ。
裸婦デッサン講習会。今回はスケッチ会の仲間6名も初参加。
3時間みっちりデッサン三昧。
至福の時間を過ごしましたが、、、

後半、異常な眠気と疲労に襲われてしまいました。
半ば眠りながらデッサンしていました。
夏の体調管理は難しいですね。単に気合いが足らないだけ??

線、陰影、色々な画材を確かめる様に、描いています。
今回で2回目の人体デッサン。
そろそろMただ夢中で描く、、という段階から制作意図をもって描くという方向へ
向かう様なのだが、、、

無心で描くこと。



描きたい事とは何かを考えること。

を交互に繰り返しながら描いています。
下手な考え、休むに似たり、、、、、かな。


f0091634_924896.jpg


f0091634_9325.jpg


f0091634_931836.jpg


f0091634_933648.jpg

by sketchfarm | 2012-07-28 23:07 | その他のスケッチ | Comments(0)

nude

先月参加した裸婦デッサン講習会の際に行ったクロッキーに

単色で彩色してみました。

描いた当初は、特に感慨もなかったものも、時がたてばあらためて

魅力を感じる時もあります。

その瞬間を逃がさず、彩色を急いで行いました。

28日の裸婦デッサン講習会も、また楽しみです。

f0091634_22134375.jpg

by sketchfarm | 2012-07-24 22:13 | その他のスケッチ | Comments(0)

ケの食事

雷の音が鳴っています。夕立がきそう。

最近、基本食。ということに改めて気づいています。

ハレとケでいけばケ(日常)の食事。
思えば、日本人は私もふくめて、毎日、毎食事をハレ(祝い事、特別な日)の食事に
なってはいないでしょうか?
卵、肉、砂糖、、、どれも昔の日本人としては、お祭りの日くらいしか食べられなかった内容。

思えば、とんかつ、ハンバーグ、すきやき、唐揚げ、てんぷら、オムレツ、などの日々。
その上、今日は中華、昨日はイタリアン、明日はインド料理、など、世界一周旅行状態。
毎日、お祭りのごちそう、旅行のごちそうばかりでは、そら体がおかしくなるのも
あたりまえですよね。

5分づきのごはんと野菜のみそ汁。
それに梅干し、漬け物、のり、豆腐、納豆、ちりめんじゃこ、、、、
そういう事が大事だと、いまさらながら感じています。
そしておいしい!

農家時代はなるべくしてそうなっていたのですが、最近はかなり放逸な状態でした。

今日は自家製のぬか漬けに、あじの開きをつけてのごちそうです。

f0091634_17454346.jpg


アジのひらきを焼く前にスケッチしました。
by sketchfarm | 2012-07-22 17:49 | その他のスケッチ | Comments(0)

9月8日のスケッチ会

先の話ですが、かごしまスケッチ会の第3回定例会では
中型バスをチャーターしようと思います。
28人乗りのバスに、25人くらいを定員として。
いろんな意味でいいかもしれません。

行き帰りの時間で、作品の発表会や講評会、参加者の自己紹介などの
時間がたっぷりとれるから。

目的は飫肥。

Wikiには、

「祐国が飫肥に侵攻した1484年から祐兵が豊臣大名として飫肥城主となった1587年までは103年の長きに及ぶ。これだけの長期間に渡って伊東・島津氏という2つの勢力が一貫して1つの城を巡って争い続けた例は、日本の戦史において稀有な例と言えよう。」

とありました。
宮崎・日向と鹿児島・薩摩が100年争った地という場所ですね。
天守は無い、平城ながら立派な城が残っています。
城下町も風情があり、まちあるきも楽しいですね。

またくわしくお知らせしますね。
by sketchfarm | 2012-07-21 08:19 | スケッチの会 | Comments(0)

7月28日のデッサン講習会について

先日のスケッチ会に際にお伝えしました、7月28日のデッサン講習会についてのお知らせです。

当初はどなたでも、、とお伝えしておりましたが、会の性質上、私の責任外で行われる会ですので
参加候補者を私のほうで判断させていただき、メールにてお知らせいたします。

人体スケッチのある程度の経験があり、かつ各自の表現目的をもって集中して制作で出来る方。
とさせていただきます。
当日は、指導の先生のもと開催される講習会となります。
私も一参加者となりますので、スケッチ会の皆様に現場では指導いたしません。
ご了承ください。
by sketchfarm | 2012-07-17 17:55 | スケッチの会 | Comments(1)

第2回かごしまスケッチ会 定例会

今日は第2回かごしまスケッチ会 定例会を開催いたしました。
今回の参加者は20名。初めての方は7名の参加でした。

湧水町方面で、まずは霧島アートの森を見学。

大学の大先輩、椿昇さんの個展。
学年が上すぎて面識も、お仕事の内容も存じ上げませんでしたが、
大きい事はいいことだなあと実感。

思想や社会的サジェッションを具現化する現代美術の面白さ、魅力を感じました。
一方、その対極的な行為としてのスケッチにも思いを馳せることができました。

f0091634_20234872.jpg

クサマヤヨイさんのオブジェの前で記念撮影。(全員ではありません。)
f0091634_10243631.jpg

ちょっとだけカフェで休憩。SMサイズのスケッチ。


その後、近くの霧島ホーストラストの霧島アート牧場へ。
広大な高原に放し飼いにされている馬のスケッチを行いました。

f0091634_20265764.jpg

めいめい別れてスケッチ。
みなさん、集中して描いておられました。

f0091634_20272971.jpg

Hさんは乗馬!かっこいい!

f0091634_20275463.jpg

霧島ホーストラスト。素敵な環境。また来たいですね。

私は今回はペンを使わずダーマトをつかってクロッキーを数点作成しました。
フォルムと量感を同時に一気につかむための演習としてダーマトは向いていると思います。

馬はその形の美しさとその大きさ、迫力を表現することが肝要だと思いました。
もっともっと描いていたかった。
先日のヌードデッサンもそうでしたが、馬もモチーフとして最高でした。



f0091634_924062.jpg

後ろ姿が美しい。足の節々が特徴的。
f0091634_9241257.jpg

男の子のソル君はおとなしかった。曵き馬用の馬として頑張っていました。
f0091634_9242470.jpg

軽く着色してみました。

今回は、新参加者を加えた20名での開催。
f0091634_9313446.jpg


一人一人2分をめどに絵の発表を行っていただきました。
人数が多いので、おひとりの時間が短い!

皆さんの絵をゆっくり見たり、意見交換などの時間がとれなかったのが反省点でした。
次回は、自分の絵について意見交換できる時間を設けたいと思います。
参加いただいた方、時に初めての方には厚く御礼申し上げます。

次回は9月8日(土)。
また詳細をお知らせいたします。
by sketchfarm | 2012-07-16 09:37 | スケッチの会 | Comments(0)

お知らせ2点

●お知らせ 1

15日のスケッチ会、天候が心配ですが、雨でもとりあえず、集合、出発はします。
霧島で現地集合される方もおられます。
現地集合場所は、霧島アート牧場です。午前10時頃。

馬の牧場から注意点があります。

***********************************************************************

当施設の馬たちは、厩舎にいるのではなく、常に放牧しております。近くで見ていただくのは構いませんが、普段見慣れないもの(例えばスケッチブックや画板など)に驚いてしまう可能性もありますので、十分ご注意いただき、念のため馬に触れないようにしてください。特に馬のお尻のほうには行かないようにご注意下さい。

また、馬の近くで走り回らないこと、大声を出さないこと、カメラのフラッシュをたかないこと、そして食べ物を与えないことをお守りください。
特に最後の食べ物を与えないことは、馬の健康状態のこともありますし、お客様がお持ちのニンジンなどを発見すると、馬たちは群れで近寄り、取り囲まれるととても危険です。スーパーの買い物袋(白いビニール袋)を見るとニンジンだと思って近寄ってくる可能性もありますので、持参は控えてください。

雨の場合は、生憎雨よけ出来る場所がありません。写真を撮っていただくか、カフェミースさん、霧島アートの森さんをお勧めします。

乗馬体験(初心者おためしコース)も可能ですので、ご希望の方は事前にご予約をお願いします。
柵の周りを一周する「ひき馬」であれば予約の必要はありません。

***********************************************************************

●お知らせ 2

先日参加してきました、裸婦デッサン会 次回は7月28日にあるようです。
午後3時〜6時だと思います。
参加希望の方はご連絡、書込みお願いします。
参加者は主婦の方、素人の方も多かったですので、どなたでも参加できます。
ただし当然ですが、きちんと誠実に描くこと。は必須です。
by sketchfarm | 2012-07-13 10:39 | NEWS! | Comments(0)

馬のスケッチ

7月15日のスケッチ会、楽しみですね。

最初は馬のスケッチから始めます。
天候次第ですが、楽しめればいいですね。

私も実は馬のスケッチは初めてです。
初めてのモチーフは緊張のため、固くなりがちですが、
このロートレックのスケッチにように、軽くいきたいですね。

f0091634_18334287.jpg


全体がうまく入らなくても、顔のアップとか、ひずめだけとか、
部分の観察から入ってもいいかもしれません。

ダ・ヴィンチの素描です。
気になる部分を繰り返し描いています。
観察〜調べる。
そんな感じですね。

f0091634_1834182.jpg


f0091634_18341570.jpg

by sketchfarm | 2012-07-10 18:36 | スケッチの会 | Comments(2)

ヨガイベントのお知らせ

スケッチとは関係ありませんが、
「蒲生茶廊zenzai」にて素敵なイベントがありますので
ここでもお知らせだけさせてください。

講師は桐島洋子さんの娘さんでタレント・エッセイストの桐島ノエルさん。
ノエルさんはヨガのインストラクターをカナダでもされているということで、
時々、お店にきていただいている関係で、うちでもイベントをしていただけることに
なりました。

湿度が高くなり気分もどんよりしますよね。
体が重くなったり、心もなんだかすっきりしない、、そんな事もあるかもです。
そんな心と体をすっきりとさせることができるのが、クンダリーニ・ヨガだそうです。

内分泌系のバランスを整え、代謝を高めると言われるクンダリーニ・ヨガで
デトックス効果を狙います。
続いて、ゴング(銅鑼)を使い、パワフルなゴングのバイブレーションを全身に浴びて、
潜在意識に溜まった思考のゴミも一気にクリーニングします!
ヨガの後には、ディトックス作用のあるスパイスを使った
手作りヴェジタリアン・カレーをノエルさんを囲んでZENZAIでいただく、、という流れです。

参加人員にはまだ余裕がありますので、ぜひご参加を!


***************************************************************

蒲生茶廊zenzai 心と体のワークショップ 

桐島ノエルのクンダリーニヨガとダールカレーの夕べ


現在カナダでロハスな暮らしをされている桐島ノエルさんをお迎えして、
ヨガと食事を楽しむワークショップを開催いたします。
癒しの効果の高いクンダリーニヨガの後は、ノエルさんを囲み、ダールカレー
をいただきながら、豊かな時間を過ごしましょう。


●日時 7月13日(金)午後3時~6時30分
●開場 午後2時30分 開始午後3時 蒲生ふるさと交流館
●会場 蒲生ふるさと交流館(ヨガ教室)
    蒲生茶廊zenzai(カレーパーティー)
●会費 4000円(食事付き)
●定員 40名
●予約 0995-52-1164 蒲生茶廊zenzai

f0091634_17421926.jpg


●桐島ノエル プロフィール

テレビ、雑誌、翻訳など幅広く活躍。1997年カナダ・バンクーバーに移住。アロマテラピー、ヨガを学ぶ。CFA認定アロマテラピスト。ヨガアライアンス認定ヨガ講師。KRI(クンダリーニヨガ研究所)認定ヨガ講師。著書に「ママと子供の毎日ヨガ」(主婦の友社)など。

●クンダリーニヨガについて

ヨガの生まれ故郷であるインドの気候にもどこか似た、高温多湿の日本の夏。
数千年にわたって受け継がれて来た古代インドの叡智が一番生きる時期とも言えます。
部屋の内外の極端な温度差などから、自律神経が狂いやすくなるこの季節。
神経系を強化し、新陳代謝をアップし、消化機能をサポートするクンダリーニ・ヨガで、
夏バテしない身体作りを目指しませんか?
by sketchfarm | 2012-07-07 17:42 | NEWS! | Comments(0)

7/15のスケッチ会受付終了

昨夜はものすごい雷でした。

さておかげさまで7/15のスケッチ会ですが16名の申込があり受付終了いたしました。
どんな状況になるのか、楽しみです!
暑いでしょうが、うまく乗り切りましょう!


下のリンクは、昨年の夏のブログへの書込みです。
線と色彩について、自分なりの考えを書いていました。

現場での感動を主題に描く。という事を基本に、
線の勢い、強弱、自由な色彩などについての私見です。

参考までに読んでいただけると幸いです。

「色彩と線の実験2種」
by sketchfarm | 2012-07-07 09:43 | スケッチの会 | Comments(3)