<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

衝動をこえて

台風は風が吹くこともなく過ぎ去りそうです。

さきほどNHKで棟方志功の番組を見ました。
1970年のもので、おそらく子供の頃見たような記憶がある。
あの牛乳瓶の底のような眼鏡をかけて、板すれすれに顔をすりつけるように
一心不乱に彫刻刀をふるう姿は脳裏にやきついていた。

それを片岡鶴太郎さんが紹介するという体裁で進んで行くのだが、
棟方志功がゴッホにあこがれて画家をめざしたこと、
棟方芸術の原点には、青森のねぶたがあったこと、、、など驚きの内容でした。

棟方志功、ゴッホ、片岡鶴太郎、、、
その共通項が片岡さんが語っていた言葉であらわされる。

「うまく描こうと描くのではなく、感じたもの告白するように描く。」
「見えるような色をつけるのではなく、感じた色をつける」

その内容は、永沢まこと先生が常におっしゃられている事とまったく同じであり、
「感動がなければ生きたスケッチがかけない」という平山郁夫先生のことばとも
共通するものだ。

永沢先生も、片岡鶴太郎も、ほぼ40才で人生に、区切りをつけていたというのも、
自分も、40才でスケッチを始めたことを思えば、次元がまったく違うとはいえ、
なにやら勇気づけられたものを感じました。

私事ながら、18才ごろから本格的に絵を描き始めたころは、
やはり絵を描きたい衝動や将来への不安、精神性の高みへの希求などがテーマになって
いたように思う。

学生時代の絵には(イラストなのか、絵画なのか??という議論をよくしていた)
よく「塔」のモチーフが現れていた。
仏教であれ、キリスト、イスラムであれ、宗教的精神を物質として表現した建築物
としての「塔」が、天という精神の理想や気品へすこしでも近づきたい、、、という
ある種の「救い」としての思いを絵にしていたように思う。

f0091634_15275646.jpg

”The golden tower" 1650×800 1985年 木にアクリルなど

f0091634_15292210.jpg

”I fouund that i had been deceived" 1800×1800 1986年 木にアクリルなど

こういった図象的な表現は、その後、内面的で衝動的な内容に変化していき、
「怒り」や「焦り」といった感情的な衝動を大きな画面にそのまま体ごとぶつける、、
ような表現へと変わっていった。
生活のため、表現のもう一つの柱であるデザインの仕事でのストレスや悩みなども
そのままキャンバスへぶつけていたようだった。

あれから20数年、自分の人生において、ひとつだけ自分が誇りに思えるとしたら、
常に「何かを表現したい!」というわき上がる衝動に、
自身でもあきれるほど正直に生きてきたということぐらいだ。

後先考えず、利益を計算せず、将来の設計や方策などなんにも無しに、
やりたいことだけに挑戦してきた。
ただそれだけは、誇りをもっていえます。

ただこれまでは、どうだろう、、、
やはり粘りとパワーが長続きしない。という欠点があった。
能力や技術などを、出し惜しみをするような生活をしてきたように思える。

もともと徹夜などしないタイプ、夏休みの宿題も、最初の3日くらいで
全部すませてしまうような子供だったからか、
なにごとも、必死でとりくむということをしてきてこなかった。

またそれは、一時期農業を主眼に置いていた時、あまりの自分の体力のなさに、
いかに仕事を省力化するか、、、という事を考えないと、すぐつぶれてしまう。
という危機感から、できるだけ力を出さずに、日々365日仕事をするか、、という
クセがついたからかもしれない。
そうでもしないと倒れてしまい、日々の生活がなりたたなくなるからだ。

しかし、あらためて、棟方志功さんの映像を見て、
表現には、パワーがいる!と実感できた。

永沢先生のパワーもすごい、
ゴッホのパワー、
棟方志功のパワー、
佐伯祐三の命を削るようなパワー、
エゴンシーレのパワー、
青木繁のパワー、

命を削るようなパワーを絵画に注入することができるか??
ほんとうに命を削って描いた画家は短命だったりする。

パワーのある絵も描きたいが、長生きもしたいという欲張りな私は、
絵とどのようにたちむかえばよいのだろうか、、、などと考える。

「つべこべいう前に、はやく描け!1枚でも多く描け!」

というもう一人の自分の声が、どこからか聞こえては来るのですが、、、ね。
by sketchfarm | 2011-05-29 15:54 | ひとりごと | Comments(2)

中町教室の日程と天文館36景展について

知らないうちに、台風が近づいている鹿児島です。

昨日は中町教室でした。

教室の前に、天文館南部の二本松通りの入り口部分をスケッチ。
交差点脇の電柱の横に3脚椅子をおいて始めましたが、そろそろ夕方のため、
お酒などの配達の車や夜の仕事の方々の出勤、仕事帰りの人、、など
だんだん慌ただしくなってきました。
みんな忙しいので、のんびり絵を描いているような者に、
訝しむような一瞥を向ける人はいても、話しかけるような人は一人もいませんでした。
かえって集中できるからよかったですけどね。

ここは以前にも描いた場所で、お気に入りの場所です。
電線の密度がハンパないんです。
f0091634_10283722.jpg


線書きを終えて、教室へ。
f0091634_10423654.jpg

これから色付けですね。

昨夜も、グループ展に出展する作品の仕上げや色つけを行いました。
昨夜参加された方は、4〜5点をほぼ完成されていて、
なかには四つ切り(B3サイズ)の作品に挑戦されている方も、、、!
みなさんの熱意に感動しました。
しかも、作品のクオリティがとてもたかく、力作ばかり。

いつのまにか(笑)教室の皆さんの実力があがっている!!!

講師のふがいなさに業を煮やしたのか、どうかわかりませんが(爆)
うれしいことこの上なしです。

私は新作として、F6を3点と全紙1点を準備する予定。
F6の3点は線書きは終了、全紙はこれからです。どこを描こうかな??

来月の中町教室ですが、以前、申し上げた日程と違うかもわかりませんが、

通常通り、6月3日と17日という日程でお願いいたします。


************************************

「天文館36景展」の詳細決定しました。

・場所 中町4-7 スペースラボ1階
・搬入 6月22日(水)午後3時~ 
・会期 6月23日(木)~29日(水)
・開場時間 午前10時から午後7時

ガラス張りで表通りに面しており、天井高もあって、とてもおしゃれな空間です。
素敵な空間をご準備いただきました、関係者の方々のご協力のおかげです。
ありがとうございます。
このスケッチ展を通じて、天文館という町の魅力を表現できれば幸いです。

***********************************

<松田直樹さんの個展>

昨年夏のアルルスケッチに同行、宿でも同室でご一緒し、
秋の個展の時にはわざわざ鹿児島までおいでいただいた松田さんの個展が鎌倉で
開催されます。
お人柄がにじみ出る癒されるスケッチを描かれます。
関東に行かれる方はぜひおかれてください。

日程:6月1日〜6日
会場:ゼルコバギャラリー 鎌倉市小町2-6-41 0467-84-7787
f0091634_1122543.jpg

by sketchfarm | 2011-05-28 11:03 | スケッチ教室だより | Comments(2)

天文館のファサード

昨日は「花かごしま2011」吉野公園において、1日スケッチ体験教室がありました。

参加いただいた方、ご協力いただいたアシスタントの方、ありがとうございました。
始まるまでは、かなりの降灰にどうしようかな、、、という状態でしたが、
スケッチ教室が始まったとたん、降灰が止んでくれました。

まったく初めての方に、たった2時間で、一つのスケッチ作品を作ってもらう、、という事が
何回経験しても、なかなか大変です。
しかし、参加してくれた人から、よかった〜とか、面白かった!とか
いっていただくと、やってよかったな。と思えます。


さて、先日2回にわけてかいた天文館スケッチに、色つけをしました。
ちょっと強めの着色になった。

これをアイドリングとして、あと数点がっちり描いてきます!

f0091634_2162016.jpg


鹿児島・天文館 F8 ワトソン
by sketchfarm | 2011-05-20 21:06 | 鹿児島スケッチ | Comments(0)

明日は「花かごしま2011」1日スケッチ教室

いいお天気の日が続いています。
気持ちよい風、乾燥した空気、暖かい光り、、、
まるでヨーロッパの初夏を思わせます。

さて、明日は2回目となる「花かごしま2011」1日スケッチ教室です。

参加は予約制ですが、当日参加も受け付けていますので、
お時間のあるかたは、のんびりお花スケッチを楽しんでみませんか?

本当に美しく咲いている花々に包まれて、
花と対話するひととき、、、

気持ちよいですよ!!

全員の簡単なスケッチ用具は支給しますが、画材をお持ちの方は、
使い慣れた、紙、筆、絵具などをお持ちのほうがよいでしょう。

f0091634_8371433.jpg

f0091634_8375273.jpg

by sketchfarm | 2011-05-18 08:38 | NEWS! | Comments(0)

今日の中町教室

今日は今朝から高校での授業。

1時間目から6時間目から昼休みをはさんで、ほとんど立ちっぱなし。

しかしがんばっている生徒さんを前にして、疲れた〜とはいえないですね。


終わって、天文館へ。

先日描きかけていた天文館アーケードのスケッチの続きを少々、、、
f0091634_22411497.jpg


時間がきたので天文館・いずろにある中町カルチャールームへ、、



GWの関係で、今月は第2、第4金曜日が開講日です。(通常は第1、第3)

今日は長く通われていたSさんの最終日。早めに来られていた。

Sさんの創作活動がより深まり、成長されることを祈ります。


天文館36景展に出展する作品の確認作業のあと、各自の仕上げ作業などを

行いました。

圧巻だったのは、今日欠席だったOさんを除いたスリートップのTさん、Hさん、HGさん

の作品。気合いが入ったよい作品ばかり。

まず、Tさん。
f0091634_22453661.jpg


天文館の一番華やかな玄関口を、鮮やかに表現、動きも充分にでています。

他にも一カ所を仕上げるのに8枚も費やした!という作品も。粘りと根性。

敬服するしかありません。

続いて、古参のHさん。
f0091634_22481068.jpg


粘って現場描きにこだわった作品。

若者が集まる場の特有のエネルギーを描きたかったとのこと。

他にも力作多数。さすが。

最後にHGさん。フォーではありません。
f0091634_22503470.jpg


見よ、この描き込み!!

学んだ1点透視を見事にものにしています。

着色が仕上がるのが楽しみです。HGさんは色使いが独特です。


その他、欠席された方もあわせると、36点は軽く超えそうな気配。

あとは会場の問題をクリアするだけ。

私も気合いいれよう!
by sketchfarm | 2011-05-13 22:56 | スケッチ教室だより | Comments(2)

明日の中町教室

(追記)

明日は午後6時より、中町教室です。

定刻に教室で集合でお願いいたします。

天文館スケッチの現在の状況を見せていただいて、確認、チェックなどを

行う予定でおりますので、作品をご持参ください。

その後、着色作業やスケッチの描き加え作業など、各自のテーマに

取り組みましょう。

見学される方も来られる予定です。

また、下記にありますように、sさんの最後の受講日となります。

よろしくお願いいたします。


*********************************




現在、生徒さんたちが懸命に天文館の絵を制作しています。

天文館のいろんな表情をスケッチに留め、それを36景として町行く人に

みてもらおうという企画「天文館36景展」を進めています。


もちろんこれは、東京の師匠・永沢まこと先生が開催している「東京36景展」に

触発されてのこと。

これの鹿児島版をぜひ!という想いで動いています。

いまのところ、会場さがしが難航していますが、

きっと解決し、最高の展覧会になると確信しています。


ながらくスケッチ教室に通われてきたSさんが、当スケッチ教室を卒業、

さらなる向上をめざして、天文館アートスクールへ移ることになりました。

昨日、東條先生との引き継ぎのご挨拶に伺いました。

大作の制作による、県美展、女流美術展、南日美展など公募展入選・入賞を

目指した活動となるという事。

自身の内面を深く探り、表現していく前途を祝福したいと思います。

あさっての中町教室で本人よりの挨拶があると思いますので、ご参加ください。
by sketchfarm | 2011-05-11 21:45 | ひとりごと | Comments(0)

新宿街との別れ

昨日、地元蒲生町のイベント、「カモコレ」の一環で、

東川隆太郎さんを迎えて、まちあるきの企画がありました。


東川さんといえば、昨年の個展の際に「鹿児島新八景」の企画でご一緒した方。

「鹿児島新八景」


その彼が、イベントを終えてカフェ・zenzaiに遊びにきてくれました。

たまたま店にいた私は偶然お会いできたのですが、

やはり、そのイベントに参加しておられたHさんも店に来られました。

実はこの方、昨年の個展の際「鹿児島新八景」の内の「名山堀」の絵を購入

していただいた方。

蒲生に来るという事で、できたらもう1点欲しい、、、


ということで絵を見にこられたという事でした。

慎重に原画を見られて、、、、「新宿街」に決定。

というところに東川さん夫婦も来店。

しめし合わせていないという事なので、かなり奇跡的です。
せっかくだから、絵の裏面に東川さんに裏書きしてもらうことに、、。

Hさんも大喜びのご様子でした。


気に入りの絵を手放すというのはもちろん嬉しいけれど、

毎回どこかさみしくもあります。


f0091634_948219.jpg


f0091634_9484765.jpg


素敵なコメントです。
by sketchfarm | 2011-05-08 09:49 | 鹿児島スケッチ | Comments(0)

COMME AU CIELスケッチ

4月26日に行ったリビング教室(2回目)でのカフェスケッチ。

今日も子守りの私は、第3子が寝ているすきに、ちょこっと着色。

抹茶シェイクとクレープを頼みましたが、ボリュームもあって、

大満足でした。

リビング教室の3回目は来週の火曜日、5月10日の午後3時30分より行います。

カフェスケッチの着色を行いましょう。

f0091634_13432731.jpg

by sketchfarm | 2011-05-07 13:43 | 鹿児島スケッチ | Comments(0)

赤ちゃんスケッチ

みなさまGWはいかがおすごしでしょうか??

我が家は家内がメインでやっていいるカフェを無謀にも開店させているため、
現在、私は完全に主夫となっております。

掃除、洗濯、上の2人の子供の食事の用意、第3子の赤子の世話、その間隙を縫うようにして
行う家庭菜園、、、
奥様方の大変さを全身で感じておるところでございます。

さて、第3子はようやく1歳と1ヶ月を過ぎて、少し立ちあがるようになりました。
なんともたよりない4つ足の軟体動物のような生き物が、じょじょに
2足歩行を始めかけている様子を眺めるのは、人類の進化の過程を見るようでもあります。

そういう赤子がおもしろく、スケッチを時々試みるのですが、、
動いているところはかなり難しいものですね。
ベトナムのTさんなどは、子供や赤ちゃんのクロッキーがとてもうまくてかないません。

したがって、どうしても寝ているところが主になります。

が、、!

赤子が寝ているところを描くと、、なぜかおっさんのようになってしまったり、、

起きて動いているところを描いてみると、、
なんだかマンガのような、

ほんと難しいことこの上なしです。

f0091634_17202683.jpg

f0091634_17205325.jpg

f0091634_1721814.jpg

f0091634_17212785.jpg

f0091634_17214291.jpg

f0091634_17215777.jpg

f0091634_17221125.jpg

f0091634_17222376.jpg

f0091634_17225094.jpg

f0091634_1723599.jpg


立つとちょっと精悍な感じに見えるからふしぎ。

f0091634_17232061.jpg

by sketchfarm | 2011-05-05 17:18 | 国内外スケッチ | Comments(0)