<   2010年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夕焼けのアルル

11月の個展に向けた作品を、恐るべきスロースピードで進めています。

巾1.5メートルの大きなサイズの作品はほぼ着色が終わり、あとはどこで終わるか、、

という段階になっています。

アルルの闘技場の物見の塔から見た風景を夕焼けのイメージで着色してみています。

アルルの作品だけでなく、鹿児島のスケッチもかなり追加する必要ありかも。
f0091634_2124714.jpg

by sketchfarm | 2010-08-29 21:24 | アルル紀行2010 | Comments(0)

前回の「のんかたスケッチ会」

ちょうど1週間前の金曜日は、
スケッチ教室恒例の「のんかた」スケッチ会でした。
様々な液体を描こう!と銘打って、これまで開催してきましたが、、、

今回は、天文館・テンパーク通りに最近できた「蘇麻(そうま)」というお店。
肉、野菜、海産物、、、地元の新鮮な素材にこだわるなかなかいいお店でした。
使っている器も大きくて、ダイナミック。

今回は、みなさんに「蒲生和紙」を配り、その描き味を試してもらいました。
料理などは、和紙によるにじみなど、マッチするのではないか?と考えました。
いかがだったですか?
「いまいちよくわからな〜い。」という声もちらほらありましたが、、(爆

私は、巨大な加世田産の岩ガキを描いてみました。
f0091634_920475.jpg

f0091634_9203180.jpg


和紙に油性マジックでやってみました。
勝負が早い!
急がないと、インクがどんどんしみこんで、イング溜まりができていきます。
油性マジックはインクの出がよいので、スピードが要求されます。


描き上げて、岩ガキをいただきました。
肉厚、ジューシーでうまかった〜!!

今回、参加された皆様おつかれさまでした。
またいつも新しい会場探しや下見をしたり、
幹事役を引き受けてくださるokuyamamaさん、本当にありがとうございました。
今度は冬ですね!

<お知らせとお願い>

中町教室の生徒さんは、9月中に、スケッチ作品を3〜5点程度仕上げ、額装の準備を
お願いいたします。(秋のグループ展に出展用です)
特に、今回のようなのんかたスケッチやスイーツスケッチなど
「食」に関する作品を歓迎します。
by sketchfarm | 2010-08-27 09:24 | スケッチ教室だより | Comments(2)

個展開催のお知らせ

以前からお知らせしてました、
今年の個展の概要がほぼ決定しましたので、とり急ぎお知らせします。

タイトル仮称「浜地克徳~プロバンス・アルルの旅スケッチ~」

内容:
今年6月に南仏プロバンスを旅した際のスケッチ作品を中心に、
天文館や鹿児島のスケッチ作品の展示を通してスケッチの楽しさをお伝えします。

期間:2010年10月30日(土)~11月7日(日)

会場:マルヤガーデンズ(旧三越)

会期中イベント:

その1「マルヤガーデンズを描こう/スケッチ大会」
10月30日(土)午前11時~午後4時頃

その2「トークイベント 東川隆太郎vs浜地克徳」
11月3日(祝)午後5時~
NPO法人 まちづくり地域フォーラム・かごしま探検の会
代表理事 東川隆太郎 さんとのまち歩きの楽しみとスケッチ談義

その他 企画中

企画協力:鹿児島大学法文学部 井原慶一郎ゼミ

会期中の皆様のお越しをおまちしております!
また詳細決まりましたらお知らせします。

ブログをご覧の皆様にお願いです。
期間中、特にイベントのご参加、ご協力のほどよろしくお願いします!!!
by sketchfarm | 2010-08-25 21:36 | NEWS! | Comments(2)

紙と線その2

f0091634_13424339.jpg
結局、いつもどんな線をひいたらいいのか、、、

つねに悩んできました。

永沢先生のような、時には強く厳しくもあり、時にはかろやかで楽しい線。

ビュッフェにように、強く固い、存在を誇示するような線。

ジャンセンのような、やわらかく繊細な、情緒的な線。

エゴンシーレのような、切実で、思い詰めたような線、、、。

果たして私は、、、?



ペンスケッチでよく使う耐水性のペンの多くは、製図用のペンです。

そのよいところは、なめらかで一定の太さの線がひけるところ。

使いやすく、入手しやすいという利点もある。

悪いところは、ともすれば線が単調となり、固い線をひくと、

マンガやイラストっぽくなりやすかったり、

説明的な絵になりやすい、、、という部分がありました。


またそれらを水彩紙にて使う場合の組み合わせもあると思います。

アルシュやキャンソン、ワットマン、ストラスモアなど試してみましたが、

自分的には、少し黄色っぽいワトソンペーパーが使いやすく、日常に使ってきました。


この製図用ペンと水彩紙の組み合わせは、使いやすく便利なのですが、

常にどうも物足りない部分もありました。

で、昨日の実験、地元の和紙を使ってみたところ、これまでの悩みの一部が

解消されたような気がしました。


和紙特有の水分を吸い込み、ためる効果により、有機的で、表情のある線が表現できる。

ゆっくり引けば太り、早く引けば、流れるように細くなる線。

ペンをとめれば、インクの溜まりがにじみ、線の関節や句読点のようなポイントを残す。


これからの課題は、着色の表現かな?

にじみやぼかしの表現は楽しいが、こまかい表現に限界があるようだ。

また、線に個性を出す事ができるか?

岩彩画、俳画、水墨画、絵手紙画、木版画、、、などのムードに近づくが、、

ややもすれば、没個性的となる。


ここしばらくは、和紙に描く実験が続くようだ。

面白いので、たくさん描いてしまう。
by sketchfarm | 2010-08-20 13:40 | ひとりごと | Comments(0)

線と紙

新しくためした紙。
灯台下暗し。

私の住む蒲生町は江戸時代より続く、薩摩藩の郷士の町。
郷士たちのなりわいとして、古くより蒲生和紙が作られてきた。

もちろんそういう事はしってはいたが、制作に使おうとは思わなかった。
かなり薄く、スケッチには適さない、、と決めつけていたからだ。

蒲生に住み始めて6年。
今日、初めて使ってみたら、、、

楽しい!

なんでこれまで使わなかったのだろう。

強く、たおやかで、有機的で、変化に富み、表情がある、、
そんな線を試していけそうな気がしました。

薄いが意外に、強く、使いやすい。
厚手の紙を作ってもらえないか、今後相談してみよう。



f0091634_19205824.jpg

f0091634_19211078.jpg

by sketchfarm | 2010-08-19 19:22 | ひとりごと | Comments(0)

長かった空白

もともとは自分の不注意からとはいえ、
パソコンの破損による、パソコンの買い替え、データの移行作業などを
ようやく終えました。疲れた〜

先週の火曜日からだから、、
ほぼ1週間、仕事が滞った事に(汗

新機種の発注から到着には2〜3日で済んだのですが、
思わぬ時間がかかったのは、
モニター画面と、パソコン本体をつなぐケーブルの形式が新しくなっていたり、
パソコン同士のデータを移すためのケーブルの使用もかわっていたり、

要は、以前から使っていたコード類が使えなくなっていたためで、
昨日など、市内に1件しかない、マック専門店まで買い物にいかざるを
得なかった、、、、など、ほんと面倒でした。

技術の進化もいいけど、あまりにも互換性の必要な形式の変更が多すぎます!(怒)
ユーザーの事より、新機種を販売することばかり考えているかのようです。

スケッチそのものは手描きによる作業ですが、
それ以外の周辺的作業、作品管理、
それ以外の仕事やメールの送受信、ブログの更新などなど、、
マックのトラブル時にはいつも、いかに日頃、パソコンに依存しているか、、、
が痛感されます。
パソコンや携帯がいらない生活を目指して、鹿児島に来たのが1998年。
しかし、結局また同じようになってしまっている。


ふ〜。

さて、気をとりなおして!


きたる20日は中町教室の「恒例/暑気払い!飲ん方スケッチ大会」の日です。
しっかり描いて・飲んで・食べて、楽しみましょう!
by sketchfarm | 2010-08-17 10:37 | ひとりごと | Comments(2)

負の循環でImac逝く

先日の教室の講評会に使おうと思って仕事用のパソコンを
自宅から車に搭載している際、うっかり車から、パソコンを落としてしまいました。

パソコンには毛布を巻き付けてあったし、落ちた際の音(衝撃)もさほどでは
なさそうだったので、そのまま出発。
教室でパソコンやらスキャナーやら接続して、動作確認しようとした際、
頭がまっしろに、、、

imacの画面がエライことに。

20インチの画面の中央部情報に強い打撃痕があり、その周囲に放射状にひろがる
傷が。そして、傷を起点に、上下左右にまっしろな空間がひろがって、
画面のほとんどが見えない状況。
かろうじて画面が見えるのは、モニター画面の両端の数センチのみ。

全員の生徒さんの作品をスキャンして、ブログで発表するのが恒例となっていたのですが、
不可能となりました。生徒の皆様には不手際をお詫びして、実習と講評をしっかり
行うこととしましたが、、

後日、修理見積もりをしてみたら、担当者に

「液晶パネル交換に24万円かかります。」

とのこと。なんじゃそりゃ〜(絶句
新品を買っても、下位グレードでしたら11万円程度で購入できます。
なやみになやんで、macminiという機種を新規購入することに。
安いとはいっても6万円です。

そもそも教室へは、いつもはmacbookというノートブック型パソコンを持っていくのが常でした。
ですが、そのmacbookは、家内がやっている店の音楽用のipodが故障したため、
代打として、音楽再生のためだけに店舗で使うことになり、
教室には、その代打の代打として、いつもは動かさないデスクトップの
パソコンを動かした結果のこのありさま、、、、

トホホであります。

数千円のipodシャッフルの交換をケチったがために、
6万円の損害をだしてしまいました。

え?今はどうしてブログの更新してるかって?
実は、故障したimacは画面こそほぼ見えませんが、生きてるんです。
それに外部モニターをくっつけて、なんとかかろうじて作業ができています。
しかし、とてもやりづらいんです。

なんだか愚痴日記ですいません。
全ては自分の不注意が原因とはいえ、、
でも、だれかにこの状況をわかってほしかったんです!(爆

写真は作業中のスケッチ。
プロバンスの古城・レ・ボーでの作品。
当地の空の青さがどうしても出ないでこまっています(汗
f0091634_0441087.jpg


今の状況では、画像を回転させることも、画質を調整することもできません(涙
また、明日は東京・永沢先生宅にてアルルスケッチ講評会が行われる日。
参加できず残念無念。
by sketchfarm | 2010-08-14 00:48 | ひとりごと | Comments(4)

昨日のリビング教室

昨日はリビングカルチャー教室の最終回でした。

これまで、
・カフェスケッチ
・マルヤガーデンのスケッチ
の2点を描いていただきました。
最終日では単色による着色で仕上げるグリザイユ画法によるスケッチを
楽しんでいただきました。
30分のスケッチに、30分の着色。
比較的、短い時間でササッと仕上げる事の出来る技法です。

皆さん、短い時間でできるかな??とちょっととまどいながらも、
素敵な作品に仕上がってました。
持ち時間の程度によってどの位の早さで描けばよいのか、ご自分なりのペースが
つかんで行けると思います。

そのあと、講評を行いましたが、今回も、皆さんおひとりおひとりの個性が生まれる
兆しが感じられる作品をご紹介いただきました。
描けない、、、といっておられた方も、愛らしく素敵な作品を生み出していました。

反省点としては、色が濁ってやや暗くなってしまっておられる方が数名おられました。
また線の使い方が、おそらく気持ちがうわずってしまって、線が安定していない作品も
やや見受けられました。
スピードスケッチであっても、じっくりスケッチであっても、
よく観察して、線をしっかり(力を入れるという意味では有りません)ひいて、
最後まで描き通す事ができれば、説得力のある個性的な作品になるでしょう。

9月14日からは、秋の講座(全6回)がまた始まります。
よろしければ継続的にご参加ください。
またお会い出来る日を楽しみにしております!
ありがとうございました。

持ち込んだパソコンの故障により、作品の取り込みと当ブログにてのご紹介が
できず申し訳有りませんでした。

f0091634_14151555.jpg


写真はグリザイユサンプル作品。
by sketchfarm | 2010-08-11 14:15 | スケッチ教室だより | Comments(2)

今夜の教室/11月に向けて、、

今日も朝から天気がよかったですが、なんとなく朝が涼しく感じられました。
今は、曇ってきてなんだか雨になりそうです。

さて、今夜は中町スケッチ教室。
今日のテーマは「天文館を描こう!」です。
ご自分なりの「天文館」を魅力を求めてまいりましょう。
もうロケハンは出来ていますか?
という私は、まだロケハン出来ていません。歩きつつ探すつもりです。
6時に教室へ集合してください。
おそくとも6時30分までには、お集まりください。屋外に出発しますので、、。
イス、タオル、飲み物、、などをご用意ください。
スケッチブックはF6以上が好ましいですね。


さて、11月に開催予定のアルルスケッチ展の準備を進めています。

今回は大きな作品にも挑戦するつもりです。
現地で描いてきたスケッチや印象をもとに、体全体を使って表現できる
作品を展示するつもりです。

縦長シリーズとして着色を悩んでいたのですが、、、
結局こんな感じとなりました。
f0091634_14311651.jpg

合計8点のシリーズです。

アルルの見晴らしの風景を、ワイド1.5メートルの木パネルに直接描く作品も製作中です。
ベニヤパネルに荒めのジェッソを塗り、直接ペンで線描きです。
これは現場ではスケッチできませんでしたので、写真と現地の印象をもとに制作しています。

f0091634_14342916.jpg


これも着色をどうするか、、、悩んでいます。。

これ以外にも、もっと大きい作品を数点制作予定です。
線を強く、ダイナミックにひいてみたい!
by sketchfarm | 2010-08-06 14:37 | アルル紀行2010 | Comments(0)

中町カルチャールーム教室の予定

暑いですね!
ってもう言いたくないくらい合い言葉のようになっています。
言っても意味ないのにね。つい言葉がでてしまいます。

さて、次回の教室は6日、午後6時からです。

前回は「人物採集」ということで、街の様々な人物の様子を観察。
それをできるだけたくさんメモしておく。というものでした。

今回は、それら人物メモを活用しつつ、天文館の今の姿をスケッチする。という
テーマで屋外スケッチを行います。
なので、今から、どのあたりを狙おうかな??とイメージ&ロケハン(場所さがし)
しておいてくださいね!

天文館という街のどこにみなさんは魅力を感じるか、、、
大きい風景でも、小さなスポットでも、、それぞれ違うと思います。
これは、今回だけでなく、しばらく続けますので、同じポイントを何回かにわけて
描くこともできます。


以下に、今後の予定の流れを書いておきますので、それぞれ心の準備をお願いします(笑

●「恒例・液体、食材を描こう!スケッチ大会」
日時:8月20日 
会場:テンパーク通り「蘇麻(そうま)」
http://www.hotpepper.jp/strJ000788880/
飲食代は各自ご清算ください。幹事Oさんががんばって段取りしてくれています。

●スケッチ教室作品展
日時:10月19日(火)〜31日(日)
搬入:19日の午後。搬出:31日午後4時〜
会場:姶良市図書館ふれあいホール
備考:教室で描きためたスケッチ作品をお一人3〜5点の出展をお願いします。
額装は各自でご準備ください。受付、接客はできるかた交替でお願いします。
9月中には原画を仕上げる必要あり!

●講師・浜地克徳個展「南仏アルルと天文館スケッチ展」(仮題)
日時:11月3日(日)〜7日(日)※期間変動あり
場所:市内某所の予定です。決まり次第お知らせします。
備考:DM配布、受付業務、販売、チラシ配布、搬入・搬出作業などの
お手伝いをしていただけるボランティアスタッフを募集します。
できる範囲で結構ですので、、。(実行委員会形式になる予定です。)
11月3日は体験スケッチ大会。
11月7日にはトークイベントを予定しています。
そちらへの参加もぜひ生徒さんに率先していただくと助かります。

●坂本ミツエ個展
日時:12月
場所:蒲生茶廊zenzaiギャラリー
備考:スケッチ教室チーフの初個展です。
毎日ひとつひとつ100日間描き続けた「100個の石ころ」や、
色彩と線が奏でる「色遊びシリーズ」など意欲的な作品の展示。
みなさんぜひ応援してください。
※牛乳パックによる和紙づくりはちょっと止まっています。すいません。
できればそれも作りたいところですが、、。

●「天文館36景展」(仮題)
日時:2011年春頃
場所:未定・天文館希望
備考:スケッチ教室にて描きためた天文館の光景スケッチ作品の展示。


f0091634_19284083.jpg

●アルルの闘技場 F8 ワトソンブロック 透明水彩
by sketchfarm | 2010-08-02 19:29 | スケッチ教室だより | Comments(0)