<   2010年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ニュースレター

来月のフランス・アルル、スケッチツアーのしおりが届きました。

永沢先生の手書きのしおり、、。

ほんとうに、丁寧に描かれていて、やさしさと気配りと楽しさにあふれています。

ありがとうございます!!!

いまからわくわく、遠足を待つ気分です。

アルル、どんな街だろう。

15年ぶりのフランス。

前行った時は、言葉とかどうしていたんだろう。そんときは一人だったのに、、

まったくもって言葉もなんもかも忘れきっております(爆

知ってる言葉といえば、

メルシー、ウィ、ボンジュール、ムッシュー、ケスクセ?、シルブプレ、、

この5つだけです。まじで(爆





高校でアルルに行かれた先生がおられて聞いてみたら、

「とてもいい街ですよ〜。」と行ってくれた。

高校にはパリに1年間留学された、、という先生がとても多い。

1年もよく生活できるなあ、あのフランスで、、と思います。すごい。


さて、アルルではどんなスケッチが描けるかな?

先生はどんな風にスケッチされるんだろう。

ほかのメンバーの方々はどんな風にスケッチされるのか、、

できればいっぱい見てやろう!と思っています。

今の自分に活を入れるためにも!






f0091634_15335998.jpg

by sketchfarm | 2010-05-29 15:34 | ひとりごと | Comments(2)

山形屋スケッチのリメイク

以前描いた山形屋のスケッチ。

f0091634_15513131.jpg


これは昨年の初頭の個展の際に発表し、その時売れてしまったので、
手元にはないのですが、

そのコピーを参考にしてリメイクしてみました。
そのアングルでの山形屋の風景が大好きだからです。

f0091634_15565330.jpg


前回のスケッチ作品は線画の上に、黒のダーマトグラフとオイルパステルで
陰をつけただけの作品でしたので、
もっと絵としての厚みや重みなどを足した表現で手応えを感じてみたかったという
思いがありました、、

今回は、水彩1色によりまずおおまかなシャドウを描いてから、その上から
線でのドローイングをかさね、さらに、黒インクをガラスペンで加筆したり、
空などを白ジェッソで厚塗りしたり、

遊びのつもりでやりたいようにやってみました。
スケッチ作品とは言えないかもしれませんが、
今後、大型作品などを制作する際の、エスキースとして実験してみました。

「スケッチは入口」と永沢先生はおっしゃっておられました。
出口としてのスケッチもありかも、、と思っていますが、
また違う出口の可能性も感じています。
とても楽しかったです。


いかがでしょうか?

2010年5月
F8 水彩絵具、ペン、インク、ダーマトグラフ、オイルパステル、ジェッソ
by sketchfarm | 2010-05-26 16:01 | 鹿児島スケッチ | Comments(2)

明日のリビング教室

明日はマルヤガーデンズ・リビングカルチャー教室の第2回目となります。

テーマは「カフェスケッチ」。

卓上の世界を、下書きなしで一気に切り取って描きます。

スケッチブックはF4程度が望ましいです。ペンが必要ですので、ご用意ください。

予定しているカフェは、同じマルヤガーデンの4Fにある「エイブルデリ」さんで

行います。(スイーツ類や、お茶などはご自分でご注文ください)


カフェでのスケッチができるようになると、旅先などでも気軽にスケッチが

楽しめるようになります。

お楽しみに!
by sketchfarm | 2010-05-24 17:32 | スケッチ教室だより | Comments(0)

木村忠太の風景

1987年にフランスで亡くなった日本人画家がいたことを知っていますか?

木村忠太という人。


日中戦争に2度も兵隊へとられた後、奥さんとパリへ渡ります。


その時の様子を、野見山暁治さんが目撃しています。

着の身着のままの普段着の二人は、家財道具満載のタクシーから降りてきて、

いきなり、唐突に今日から泊めてほしいといったそうです。


その後、木村さんは描き続け、奥さんはフランス語を必死に学び、

旦那の絵を抱えて画廊を回り続けたそうです。

本人は、フランス語も学ばず、画廊も、つきあいもいっさいせず、

態度は悪く、いつも友人に悪態をつき、絵描きは絵を描く意外のことをするな。

画廊まわり(営業)など女のする仕事だ。といいきっていたそうです。


その後、1度しか日本に帰らず、フランスで評価され、ドートンヌ会員にまでなりました。

いったいどういう人だったのか?

日本で何があったのか?わかりませんが、木村さんの描く絵は素晴らしい風景画です。

いくらどう見えたってまぎれもない風景画です。しかも線を大事にする絵です。

彼は自分で「光の印象派」と称したそうです。

描き続け、描きまくった生涯だったようです。






f0091634_1995043.jpg


f0091634_19101250.jpg


f0091634_191029100.jpg

by sketchfarm | 2010-05-23 19:14 | ひとりごと | Comments(0)

お菓子スケッチ

今夜は中町カルチャールーム教室でした。

前回から、箱に描かれた文字の表現を練習してきましたが、今日はその応用です。

最初、箱の側面に描かれた丸い図形やGなどの丸い文字の描き方をホワイトボードで実演。
なかなか難しいですが、いかがだったでしょうか?

その後、テーブルに外国のお菓子をどっさり積み上げてスケッチ開始。
今回は、ちょっと腰を据えてじっくりいきましょう、、という方針で初めていただきました。

f0091634_23561984.jpg


食べたくなる気持ちを抑えつつ、、笑(教室は飲食禁止)

今回、久しぶりの個人面談を行いました。

おひとりおひとりと、今スケッチで抱えている課題はなにか、今後どういうスケッチを
描いていくか?など、これまで描いてこられた作品を見ながらお話をさせていただきました。

改めてわかったこととして、教室ではみんないっしょの画一的な事をやってもらっていますが、
皆さんは一人一人はそれぞれ、制作の状況、取り組む課題や目標も違っているということ。
あたりまえの事ですが、お話がきけてよかった〜と思いました。

で、、、お話やスケッチに夢中で、時間をオーバーしている事を忘れるほどでした。

次回もこのテーマを続けます。
着色へ移行できる方は、それぞれのペースで進めてください。



***********************************

○スケッチ教室仲間、中村さんのライブは6月13日の午後2時〜
みんなで応援しましょう!

○第2回スケッチ教室作品展の日程が決定しました。

10月19日(火)〜31日(日)姶良中央図書館 ふれあいホールにて。
一人3点以上の制作・展示を目指しましょう!
全紙などの大作も期待します。僕もがんばるぞ!
by sketchfarm | 2010-05-22 00:08 | スケッチ教室だより | Comments(0)

中町教室・6月18日休講のお知らせ

中町カルチャールーム教室のお知らせです。

来月の第2週・6月18日ですが、仏渡航のため休講させていただきます。
予定では19日出発予定でしたが、当日の国内便がとれず、どうしても前日の東京入りと
なってしまいました。
受講料を既におさめておられるかたにつきましては、1週分延長とすることで
対応させていただきます。

教室にてみなさんにご挨拶してから出発したかったのですが残念です。
6月26日に帰国予定です。

リビングカルチャー教室の第4回については、6月22日分を休講とし、7月13日に振替としております。

お間違えのないようよろしくお願いいたします。
by sketchfarm | 2010-05-20 16:51 | スケッチ教室だより | Comments(2)

中村さんライブのお知らせ

教室の生徒さんである中村亮平さんの、弾き語りライブのお知らせです。

ギャンブル依存症という病気を抱えながら、
少しずつスケッチ教室に通い始め、絵を描くことをきっかけに、これまでの
生き方や健康状態が少しずつ良くなってきたという中村さん。
表現する楽しさが生きる意欲を刺激して、前向きな力となったのであれば
こんなに嬉しいことはありません。

そういう中村さんが、学生時代にやっていたフォークソングを再開。
オリジナル曲を携えてソロライブを行うことになりました。

病いや社会そして自分の心に素直に向き合う曲がかもしだす
ピュアでまっすぐな音楽は、中村さんが描くスケッチ作品と
同様、ケレンのない純粋な表現として我々の心を打つ内容になっていると思います。

宝石の原石のような中村さん。そしてその絵や楽曲。


●中村亮平・弾き語りソロライブ「自分のこころ」

日時:6月13日(日)午後2時会場 2時30分開演

場所:アベニールホール(加治屋町交差点北側・天神馬場北西角・有馬クリニック5階)

入場無料ただし投げ銭形式


教室のみなさん始め、多くの皆様のご支援、ご参加をお願いします。


f0091634_8544881.jpg


中村さんのポートレートスケッチ・女性の表現が独特です。

f0091634_8551754.jpg



*************************************

明日は中町カルチャールーム教室です。

予定通り、お菓子や雑貨のパッケージのスケッチを行いますので、
お好きなモチーフをご持参ください。
前回、仕掛かりの作品をお持ちの方は、続きを行うもよし、新たに描かれるもよしです。
今回は、モチーフを良く見てじっくり描いてみましょう。

坂元さん作品用の牛乳パックを集めてくれているかたは、ご面倒ですがこれも
ご持参ください。
by sketchfarm | 2010-05-20 09:00 | 生徒さん作品 | Comments(2)

第6期リビング教室開始!

昨日は、南日本リビング新聞・サロンドシフォンの
「水彩スケッチ教室」の初日でした。今回で第6期目にあたります。
(教室では7期といったかもしれません。訂正します)

今回から会場は新しいマルヤガーデンズ4階の会場となり、
美しくオシャレなスペースでの教室で、生徒の皆様も気持ちよく参加できる
環境となっています。場所も天文館のど真ん中なので、とても便利ですね。

新規参加の方には、オリエンテーションとペンの使い方、用具の説明など、
継続の方は、立体表現の演習を行っていただきました。
みなさんの積極的な取り組みにより、あっというまの2時間でした。
時間が足りませんでした(笑)

宿題として、「手」や「日用品」などのスケッチ練習に挑戦しておいてくださいね。
もちろん風景やお花のスケッチでもかまいません。

あと残り5回を楽しくすすめて参りましょう〜
よろしくお願いいたします。

次回は5月25日午後3時30分からです。
カフェスケッチ予定しておりますので、スケッチブック(4号サイズまで)とペンのご用意を
お願いいたします。
最初に少しレクチャーいたします。
by sketchfarm | 2010-05-12 17:29 | スケッチ教室だより | Comments(0)

文字を描く

昨日は中町カルチャールーム教室でした。

前回は色遊びの中から、透明水彩の特性を感じ、色使いの癖や傾向をリセットする
課題を行いましたが、今回のテーマは「文字」。


みなさん、スケッチがとても上達してきて、観察力も表現力も身に付いて
きている段階です。

そこからさらにステップアップを図る一つとして、
立方体や円筒などの造形物を正しく理解し、描けること。

その立体物(ビルやお菓子の箱など)の表面に「はりついている」要素(文字や窓など)を
立体物を表現したり、縦横の比率、バランスなどを把握したりするための
材料としてとらえ、利用する方法を実験してもらいました。

そのために文字のついた箱(下の写真)を用意しました。

箱の上蓋と左の側面に「E」という文字がありますね。

「E」という文字を描く外形線のどの線も、箱の縦横の角っこの線(辺)と
平行なので、描きやすいですね。

「E」の上下の高さと、上下の空きの高さはどのくらいちがうのかな?
「E」の横幅と、左右の空きの長さはごれくらいちがうかな?

など、1本の線をひきながら、たてとよこの比較センサーを働かせて、
ペンを走らせます。

もう一つは、「角度」
立方体を斜めに置くと、平面に平行の辺は斜めに見えますね。(ややこしい?)

この写真では撮影が悪く、パースがついて歪んでしまっていますが、、

どの「辺」も平行です。
そして「E」のどの線とも平行です。
斜めの平行線さえ描ければ、完璧に描けます。
ただそれだけなんです。

これができれば、ビルの窓も、電車やバスの窓も表現できます。

逆に「G」の描き方はちょっと難しいですね。

これは、昨日「I」さんには伝えましたが、次回皆さんに黒板を使って
お伝えします。
以前紹介した、「円筒」の底面の描きかたと同じです。

f0091634_1027474.jpg


次に、円筒の側面に描かれた文字の描きです。

補助線を入れてあったので、わかりやすかったのではないでしょうか?

真横からみたら水平の線も、筒なので上からみたら、楕円に見えます。
楕円とは、筒を輪切りにした時の、断面の線(の半分)が見えているということ。

これも、筒の上蓋と、下底との楕円は同じで、その途中の断面の線も
ずっと同じ平行です。

f0091634_10271874.jpg


f0091634_1114230.jpg


したがって文字の水平線はこの楕円にそって描けばよいわけです。

ただし、「A」とかの斜め線、「G」や「B」の曲線がでてくると
かなり難易度は上がります。
次回、これも黒板をつかってお伝えします。

ちなみに縦の線は、どこも「垂直」なので、悩む必要はありません。

いかがだったでしょうか?
つらかったですか?

次回は、このおさらいや応用編の「お菓子」のスケッチを行います。
by sketchfarm | 2010-05-08 11:18 | スケッチ教室だより | Comments(2)

5月7日上町教室

GWも終盤ですが、皆様はどんなGWを過ごされましたか?

天気も絶好で、行楽日和だったのではないでしょうか???

私の家の事情をいえば、今年から店を祝日もあける事になった関係で、

5月1日も、2日も、3日も、4日も、5日もとにかくずっと店をあけており、

私もずっと店の手伝いオンリーの日々でした。

おかげで足腰もぼろぼろ疲労がとれず、年齢を実感する毎日です。



さて、きたる7日は上町のスケッチ教室ですね。

ここ最近の流れでいけば、基本的な形態(フォルム)の捉え方や、色の感覚遊びなどの

演習を行ってきました。

その実践として、テーブル上の雑貨やパッケージ菓子、スーベニールなどのスケッチ

の練習は、とても楽しいものになるのですが、7日の課題として、

雑貨スケッチのための「文字」の描き方の練習をしてみたいと思います。

風景や小物などのスケッチが上達していくにつれ、その中に必ずといっていいほど

あらわれる文字。

看板や、商品名など、難しいですが、手を抜かずにしっかり描くと、

その風景の独自のムード、異国感、文化の香りすら表現することができます。

逆に、スケッチがしっかりできていても、その中の「文字」の表現が稚拙ですと、

なんだかとても残念な結果となります。

スケッチ中の「文字」は文字であって文字ではありません。

物体の表面に張り付いている模様であり、物体の形態を表現する絶好の「材料」である

「文字」に果敢に挑戦してみましょう!!!
by sketchfarm | 2010-05-05 22:00 | スケッチ教室だより | Comments(4)