<   2008年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今年もありがとうございました。

いつのまにか大晦日、明日からは新年ですね。

おもえばあっという間の1年でした。


スケッチでいけば、今年は海外遠征はできませんでしたが、

南日本新聞・夕刊の連載、南日本リビング新聞の春と秋の開講、

アミュプラザでの1日スケッチ体験、

姶良図書館でのスケッチ教室作品展では、たくさんのスケッチ仲間と

ふれあい、日頃の活動成果を発表できました。

10月には念願の固定教室である、鹿児島カルチャープラザの教室を

開く事ができました。

一番の喜びは、スケッチ仲間の輪がひろがったこと。

それにつきます。


私はというと、来年1月末の個展が決まり、制作に追われています。

昨日,今日と、天文館に泊まりがけでスケッチ取材に出かけていました。

主に、夜の天文館をスケッチするためです。

気合いは十分でしたが、、、やはり寒い。

1枚描いては避難して、、なんとか5〜6点は描く事ができましたが、、

うまく仕上げることができるかどうか、、


来年もよろしくお願いいたします。

皆様、よいお正月をお迎えください。。。
by sketchfarm | 2008-12-31 18:12 | NEWS! | Comments(0)

個展が決定しました。

個展が決定しました。

来年、1月21日〜30日、鹿児島・天文館の高見馬場、
シーズギャラリーにて。

タイトルは「hamachiレンズ」。面白いでしょ?
ギャラリーの方がつけてくれました。

天文館のスケッチを中心に、hamachiの目を通してみた
スケッチの数々を展示します。

今回の新作は、今展開しているペンとダーマトグラフ、オイルパステルを
使った、モノクロの作品が中心となりそうです。

お楽しみに!

年明けに、どうなるかわかりませんが、公開スケッチ。
など行うかもしれません。
(スケッチはいつでも公開なんですが笑)

写真は先日、取材でいった二官橋の鶏料理専門店の「一保」。
あらためてスケッチし直しました。
f0091634_0351992.jpg

by sketchfarm | 2008-12-24 00:35 | 天文館スケッチ | Comments(0)

鹿児島カルチャー教室でした。

今日は、年内最後の鹿児島カルチャー教室でした。

最初、立方体の練習をしました。
立方体を二つ並べたものを描くというものでしたが、
意外に難しかったようです。

お家で、角砂糖など並べてみて、どんな風に見えるか、実験してみては
いかがでしょうか?

その後、1人ずつ、来年の目標や豊富などをお聞きしていきましたが、
3人聞いたところで、時間がなくなってしまいました。
来年最初の講座の際、残りの方とお話させていただきたいと思います。

今日は、急遽、モデルさんに来ていただきました。
そのほうが、皆さん集中してできたのでは??

実際の人物は、その動作や立ち方、座り方など、重心の位置にによって
体のラインや動きが変わってきます。
その特徴を、うまく線で勢いよく捉える練習になったと思います。

また、鉛筆では、力を入れたり、抜いたりしながら、線の魅力を
引き出す感触も試していただきました。
鉛筆は、グッと力を込めて初めて、イキイキとして強い線の表現ができます。

また時々、モデルによるクロッキー演習をしたいと思います。

来年は、当初、1月のみ第二第四金曜日といってましたが、
第三第五金曜日と変更し、

1月16日(金曜日)といたします。

皆様、よいお年をお迎えください。
by sketchfarm | 2008-12-20 00:48 | スケッチ教室だより | Comments(6)

次回の鹿児島カルチャー教室の予告

今度の19日(金)午後6時45分より、
加治屋町、鹿児島カルチャークラブ「水彩スケッチ教室」の年内、最終回を
開催します。

次回は、皆さんのスケッチの目標や、来年の方針などお聞きした上で、
その後、「人物クロッキー」を行いたいと考えています。

かわりばんこに、モデルになりながら、静止した人、動く人など
すばやく、力強い線で、一気に描く練習です。

そういう事を繰り返していくうちに、人物の特徴を、瞬時に捉えたり、
観察したりする力を養います。

と同時に、力強い、生き生きとした線の表現の感触をつかむことができます。

とにかく人物は「慣れる」ことにつきますし、永遠の課題でもあります。
どんな方でも、女性でも男性でも、子供でも、
人体ほど美しく、また難解なテーマはありません。

顔の表情なども、余裕があれば果敢にトライしてください。

失敗しても、何してもいいんです。
練習ですからね。


なので、いつものペンより、太めの鉛筆と、大きめのクロッキー帳があれば
よいです。

クロッキー帳(でなくてもいいです。100均で売ってる画用紙やらくがき帳でも可)
はうすい紙で、安いですので、大谷画材さんなどで買えます。

鉛筆は、2B 4B 6Bぐらいあればいいでしょう。

休んでおられた方も、年内最後ですので、できるだけ
ご参加くださいますよう、お願いいたします。

お楽しみに!!!!

画像は
1 クリムトのクロッキー
2、ベンシャーンのクロッキー
3、エゴンシーレのクロッキー

です。
どの作家も、線に力と命が宿っています。

f0091634_18393519.jpg
f0091634_1840040.jpg
f0091634_1846038.jpg

by sketchfarm | 2008-12-17 18:29 | スケッチ教室だより | Comments(4)

南日本銀行本店

山形屋を市役所方向にいくと、このビルがあります。
これもなかなか風格のある建物です。
しかしよくみたら、けっこう複雑な構造になっています。

線のうえから、ダートマペンやオイルパステルで影をつけましたが、
線がかなり消えかかっていったので、最近購入したガラスペンと
黒インクで、線の補強をしましたが、なかなか使えそうでした。

ピグマペンと比べたら、なめらかさは劣りますが、
細くて、きりっとした黒い線が、オイル系の色の上からでも
乗ってくれました。
(ピグマはかすれてしまい、ペン自体をだめにしてしまいます)

今は、自分にしか引けない、自分らしい線。
そして強い陰影。
にこだわって当面描いていきたいと思っています。
f0091634_14122835.jpg

by sketchfarm | 2008-12-17 14:12 | 天文館スケッチ | Comments(0)

絵本天文館 二官橋通りの旨い店

絵本天文館の今回のテーマは「二官橋通り」。

「一保」というからあげ、鶏専門店と、

「達」という鉄板焼き屋さんの2件が取材対象でした。

水曜日に「一保」へ、そのあと「達」へ赴くと、、満席で入れませんでした。

すでに「一保」で、おいしい鶏料理をたらふく食べ過ぎていたので、鉄板焼きは

食べれない状況でした。いくら仕事とはいえ、注文した料理を残したりしたら

失礼だ。という事で、日を改めて、金曜日の夜に「達」へ、、、。

どちらも、こだわりがあって、勢いがあって、繁盛してて、いいお店でした。

絵の方は、「からあげ」「豚肉のステーキ」「鶏皮のタレ仕立て」の3種を

描きましたが、とくにステーキと、鶏皮が、絵ではよくわからんように

なってしまいました。

「禁じ手」の(爆)、絵の横にコメントで「これはステーキです」とか、

「これは鶏の皮焼きです」とか描いてしまいました。

かかないと絶対わからないと思ったからです。

「徹」は店長はじめ、スタッフが皆、テニスインストラクター仲間で始めたお店。

若くてイケメンばかりのお店でしたよ(笑

f0091634_189156.jpg

by sketchfarm | 2008-12-14 18:09 | 天文館スケッチ | Comments(0)

天文館街スケッチ03

今日は、絵本天文館の取材。

待ち合わせの時間が少しできたので、街角スケッチをしました。

03としたのは、最近の天文館スケッチでは3枚目ということです。

二官橋通りと山之口通りの交差点、満月が出て来た、宵の口の雑踏が

ことのほか美しかったです。

やはりオイルペンとの併用が楽しいです。

闇を強く描けますので、、(写真はピンぼけになってしまいました)
f0091634_23424054.jpg

by sketchfarm | 2008-12-12 23:42 | 天文館スケッチ | Comments(2)

天文館街スケッチ

昨日、昼間すこし時間が取れたので、天文館までひとっぱしり。

以前から描きたかった、鹿児島で一番大きな百貨店「山形屋」のスケッチをしました。

外観は昭和初期のルネサンス調が復元されたもので、夜間はライトアップが美しい。

いずろ交差点の南西角に、スケッチできるポイントを発見。

持って来た椅子を置いて、、温かい日差しのなかゆっくりスケッチしました。

途中、通行人や下校途中の小学生などと会話を楽しんだりしながら、

約1時間、寒くなってきたので、終わりました。

今回のポイントは、陰影の表現に、オイルペンとオイルパステルを使用。

深くて強い影にトライしてみました。

0.8のピグマの細い線と、黒い面との組み合わせは意外に面白かったです。

また、ちゃんと発表します。


f0091634_9423553.jpg

by sketchfarm | 2008-12-12 09:51 | 天文館スケッチ | Comments(2)

第3期リビング教室終了

今日リビング教室3期の最終日。
9月9日から始まった全6回を終えました。

今日は予定では、
1、物体を線で把握する力を見るミニテスト
2、合評
3、生徒さんとのコンサルテーション

を行う予定でした。

まずは、講評から始めましたが、お一人お一人の作品を改めて見せていただき、
みなさんの感想を聞いているうちに、これは時間をかけてもいいという気持ちになりました。それほど、みなさんの思いや成長の姿が印象的でした。

今日出席された方の作品を紹介していきましょう。

●丸田さん
ていねいに、落ち着いて描写ができるようになりました。
色彩感覚はさわやかな個性がではじめているのではないでしょうか?
線の選び方、時間の使い方など、自分にあったペースがつかめれば
さらに楽しみです。今は無心になって描いている自分を楽しんで、数を描いてってください。

f0091634_1583173.jpg


●現王園さん
もともと絵心があった現王園さん。
今後は、線の書込み、テーマ探し、美しい色の使い方など、
自分のペースで進めていってほしいですね。

f0091634_284613.jpg


●山崎さん
マンガ、イラスト的表現の経験のある山崎さん。
スケッチのライブ感、生の勢いなどを追求していけば、スケッチの
楽しさの醍醐味を実感できるのではないでしょうか?
キレイに描こうという気持ちを捨ててみるのもいいかもです。

f0091634_2122376.jpg


●小溝さん
最終日に4点も見せてくれたのには驚きました。
日本人離れした、線、色、かわいらしく、楽しく、魅力的です。
桜島の表現もいいですが、建物、カフェの表現が瑞々しい感覚で、
まねのできない個性を感じました。

f0091634_215864.jpg


●松吉さん
夜のスケッチの着彩を楽しそうにしておられました。
それまでも、センスのある絵をしっかり描いておられましたが、
楽しくさえなれば、もうこっちのものです。
気持ちがのっているときこそ、描き時です。どんどんいきましょう!

f0091634_2171275.jpg


●田中さん
なにか土の匂い、田舎や自然を感じさせる絵に魅力を感じさせる
個性があります。自分が好きなテーマをさらに追求していってほしいと思います。
人物の表現や色使いなど、独特のムードがあります。
田中ワールド目指して、頑張って下さい。

f0091634_2201238.jpg


●濱田さん
3期目の濱田さんは、一番多く描いた方でしょう。
努力と楽しみの両方で、スケッチすることが生活の一部になりつつあります。
自分なりの線、個性などが出て来ています。課題も見えてきました。成長の過程にはつきものです。さらなるステップアップへ向けて考えて行きましょう。

f0091634_2231298.jpg


●福崎さん
農家の奥様である福崎さん。絵を描く事と、農家生活。ぜひ両立させていってほしいと
思います。大地と自然と一体の生活を、自由な線と、楽しい色彩で表現していけば、
生活や仕事、地域を彩りのあるのもへ変えていけるでしょう。
普段のごはんもこんなに楽しくなっています。

f0091634_2271076.jpg


●野口さん
野口さんの魅力は、力強い線の魅力。
スケッチを進めて行く中で、いろんな事が見えてきて悩んだり、試行錯誤の段階って
必ず出てくると思います。自信を持って、線と色を楽しんで下さい。
旅行スケッチなどにでかけられてはいかがですか?

f0091634_2301643.jpg


以上、参加者の作品でしたが、
大学卒業まじかで転出される方、仕事でこれなかった方など欠席された方の作品も、紹介したいと思うところでした。
出産まじかな生徒さん、無事安産をお祈りしています。

またスケッチを通じてお会いできれば幸いです。
つたない講習におつき合いいただきありがとうございました。
by sketchfarm | 2008-12-10 02:34 | スケッチ教室だより | Comments(4)

日本一の巨樹を描こう!大くすスケッチ大会

今日、蒲生町、蒲生八幡神社にて
日本一の巨樹を描こう!大くすスケッチ大会が開催されました。

蒲生町町制80周年を記念したイベントでしたが、
50組64名の参加があり、大盛況でした。

審査員は鹿児島県美術協会会長の尾前喜八郎先生と
和紙ギャラリーの野田先生にお願いしました。
蒲生町長の出席もあり、たいへんはげみになりました。

心配していた天気も、最高のコンデションとなり、
どなたか日頃の行いが良い方が多かったのでしょうか、
あるいは八幡神のご利益なのか、本当に一安心でした。

大楠のまわりには、ムクロジやイチョウの落ち葉が一面に敷き詰められ
黄金色の絨毯のようで、美しかった。
時間が足りない方もおられましたが、おおむね
ゆったり描いていただけたのではないか?と思います。

スケッチの生徒さんからは、残念ながら入賞者はでませんでしたが、
審査の基準が、強さや独自性、おおらかさなどが重要視されているようでした。
今後も、個性や作品の強さ、自由さというところも意識されては
いかがだったでしょうか??

参加していただいた方がた、本当にありがとうございました。

f0091634_1741658.jpg
f0091634_17412056.jpg
f0091634_17413577.jpg

by sketchfarm | 2008-12-07 17:53 | NEWS! | Comments(2)