<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

グループ展始まりました。

金曜日、27日の午後、グループ展の搬入作業を行いました。

生徒さんたちも、大勢きていただいて、ワイワイいいながら、

楽しんで行いました。

当初、作品数など少ないのでは??と心配していましたが、

なんとかできました〜〜

天井が高く、作品を吊るワイヤーを調整する作業は難航しましたが、

みなさんのおかげでなんとかなりました。

ありがとうございました/お疲れさまでした。

姶良町図書館にて、10月9日まで、、

出品者の皆様は、無理ない程度で、できるだけ会場にお越し下さい。

既に、来場者に楽しくお話してくださっている方もおられて感謝です!

会場写真はまたアップします。
f0091634_2220312.jpg

これは、会場入口付近、私のコーナーです。
f0091634_22205655.jpg

今回になんとか間に合った「名山堀」のスケッチ。
の、制作途中の様子。

昨日付けの新聞に、グループ展の記事がのりました。
早速、新聞をみて来られたという方がおられた、という話を
会場にきてくれた生徒のHさんから教えてもらいました。
by sketchfarm | 2008-09-28 22:21 | NEWS! | Comments(0)

久々のスケッチ

土曜日の午前中、草刈り機のエンジンを久々にかけて
庭中の雑草を刈りました。
その勢いで、、、
畑をクワで耕し、牛糞堆肥と油かすを撒いて、さらに耕し
これまで蒔けなかった人参と、水菜、サニーレタスの種をおろしました。

種をまく、、それをやるとやらないのでは、なんか安心感が違うんですよ。
数ヶ月後の収穫をイメージすると、自然と顔がほころんできます。
まだ、大根、そらまめ、たまねぎ、小松菜、、、、
まきたい野菜がまだまだありますが、、

体力の減退をまざまざと実感。
植える土地はまだまだあるのに、、限界でした。

汗でぐっしゃりになったので、汚れた服のまま
近くの船津温泉へかけこみ、汗をながしました。
天気のいい、お客もまばらな露天風呂のすがすがしい事!
すっかり疲れがとれました。

で、その勢いもあってか、午後から久しぶりに「純粋な」スケッチに
出かけました。
フィールドは、大好きな名山堀。
細い路地に、飲み屋の看板がひしめいています。
昼間の夜の町には、さわやかな風と、
おかみさんたちの普段着の姿、
猫の眠そうなアクビ。

無心になってスケッチしていたら、
顔見知りの飲み屋の女将さんや、ママさんが声をかけてくれます。
「浜地さんですか?」と知らない人も
スケッチする姿に声をかけてくれる人も、、、

27日からのグループ展に、なんとか新作が飾れそうです。
できたらアップします。(画像なし笑)
by sketchfarm | 2008-09-21 18:56 | 天文館スケッチ | Comments(2)

鹿児島カルチャープラザ教室・開講!

ながらく休講していたスケッチ教室が再開します!


たいへん有り難い御縁があり、鹿児島市内の中心部の

とても便利な場所で毎週金曜日の夜、スケッチ教室を始める事に

なりました。

既に開講中の南日本リビング新聞の講座は、平日のお昼間で、6回限定。

しかも女性のみ。おのずと主に主婦の方が対象になっています。


今度の講座は、金曜の夜、性別は問いませんので、

仕事帰りの方など、男女問わず参加していただけます。


絵をかいてみたいけど、始め方がわからない、、、

一人ではなかなか踏ん切れない、、、といった方から、

いつかは個展を開いてみたい、仕事としてスキルをあげたい、、

といった方まで、対象となります。(中学生以上です)


金曜日の夜、月2回、スケッチ仲間といっしょに

スケッチを楽しみませんか?

すでに、たくさんの方がスケッチを日常にとりいれて、

明るく充実した日々を獲得しておられます。


お問合せ、申込は下記までお気軽にお問い合わせ下さい。。

くわしい内容がかかれた入会案内パンフレットは現在、

蒲生町・蒲生茶廊zenzai、高木画装においてあります。



『浜地克徳の線と水彩スケッチ教室』


●加冶屋町・鹿児島カルチャープラザ 7F

平成20年10月3日開講 第1第3金曜日 午後7時より2時間

<問い合わせ>カーサ・デ・クルツゥーラ 

村上さん、大川さん 099-222-7288
by sketchfarm | 2008-09-17 11:35 | NEWS! | Comments(0)

リビング教室と永沢先生からのメッセージ

昨日、第3期になるリビング新聞社・線による水彩スケッチ教室が始まりました。

定員15名の内、継続のかたが7名、新規の方が8名という絶妙のバランス。

新規の方の中で、過日県民交流センターで展示した「ミニ教室スケッチ展」を

ご覧になっていただいて、今回応募しました。というかたが2名も

おられてびっくりしました。

最初、みなさんで行った自己紹介の際、継続の生徒さんたちがみなさん

「スケッチは楽しい!」ということをおっしゃっていただいたので、

教室のムードが一気に明るくなって、皆さんに本当に助けられました。

次回は合同でどこかをスケッチする事にしましたが、、考えないと。。


帰宅すると、思いがけずうれしいファックスが届いていました。

なんと、東京の永沢先生から、今月開催する「スケッチ教室グループ展」への

はげましのメッセージでした。

「絵をかくことを単なるヒマツブシや趣味に終わらせず、自分自身を

考え、磨く手がかりとするように、、」というメッセージは

生徒さんだけでなく、僕自身への言葉だと受け止めました。

自分にとって「絵」とは何か?

みなさんといっしょに考えていきたいと思います。

いただいたメッセージは、グループ展の会場に掲示させていただきます。


グループ展は9月27日から。

ぜひご来場ください。




f0091634_1114163.jpg

by sketchfarm | 2008-09-10 11:02 | スケッチ教室だより | Comments(0)