<   2007年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

冠嶽の桜

鹿児島県いちき串木野市の山中に、
冠嶽(かんむりだけ)という不思議な場所がある。
そこには、パブリバティという喫茶店があり、
コーヒー仙人という人が住んでいて、
いつもドロドロとコーヒーを焙煎している。

そんな彼と仲間達が春の良き日に祭りを開いた。
桜が舞いちり、素晴らしい音楽が流れるなか、
ゆったりと桜をスケッチした。

至福の時間だった。
f0091634_1926291.jpg

by sketchfarm | 2007-05-01 19:24 | 鹿児島スケッチ | Comments(2)

嘉例川駅

「かごしまよかとこ100選 浪漫の旅」の最後のスケッチです。

今も活躍する国鉄(古〜)の駅。

駅舎は100年以上前のもので、なかなかいい雰囲気を醸し出しています。

ここは人が常に訪れて、賑やかでした。

以上4枚を、仕事の合間を見て、現地に赴き描き上げました。

慌ただしいスケッチばかり。

もうちょっとのんびり描きたかったな〜〜


f0091634_855368.jpg

by sketchfarm | 2007-05-01 16:37 | 鹿児島スケッチ | Comments(2)

白銀坂

引き続きです〜

「かごしまよかとこ100選 浪漫の旅」の3枚目の絵です。

ここ白銀坂は、古い石畳の坂道です。

この坂のある山並みは、古代〜近世における薩摩国と大隅国の国境だったそうです。

戦国時代には、島津貴久や義弘といった武将たちが、この坂に陣を構えて、

蒲生氏と対峙したといわれています。

人気がまったくなく、ちょっと寂しいスケッチとなりました。

f0091634_973086.jpg

by sketchfarm | 2007-05-01 16:32 | 鹿児島スケッチ | Comments(2)

薩摩義士碑

引き続きいきます〜〜

「かごしまよかとこ100選 浪漫の旅」の2枚目の絵です。

ここは市内、城山の近く、黎明館の北側にひっそりと佇む石碑です。

江戸時代、薩摩の武士達は、幕府い命じられて、遠く美濃の木曽川の

河川改修工事に赴いたそうです。

多くの犠牲者を出しながら工事をやりとげた薩摩衆。

責任者であった家老平田靱負はじめとする人々の偉業を記念しています。

風が冷たい日。

固くなりなかなかうまく描けず、2回描き直してやっとできました。



f0091634_984716.jpg

by sketchfarm | 2007-05-01 16:26 | 鹿児島スケッチ | Comments(2)

弥次ヶ湯温泉

久しぶりの書き込みです。年頭の宣言がむなしく響く。
有言不実行。お恥ずかしい限りです。
これからバンカイします!!

さて、今回ご紹介するのは鹿児島県が今年4月に発行した

「かごしまよかとこ100選 浪漫の旅」

に納められているスケッチです。

本中のコラム欄の挿絵として今年の冬に依頼を受けました。
全部で4カ所。
ただし、写真資料とかではなく、現地でのスケッチなら。という条件で
受けさせていただきました。

最初に訪れたのは指宿にある「弥次ヶ湯温泉」

近くの頴娃町に7年ほど住んでいたため、土地勘がある懐かしい場所でした。
かなり昔からある由緒正しい、年季のはいった建物が雰囲気をだしていました。

まだ日の高い、あたたかい日。
温泉客が物珍しそうにスケッチする僕を見て行きます。

ここの湯にはつかった事はなかったので、絵を描き終わってから
ソソクサと入らせていただきました。

F4 ワトソン 



f0091634_994786.jpg

by sketchfarm | 2007-05-01 16:17 | 鹿児島スケッチ | Comments(2)