日本一の巨樹を描こう!大くすスケッチ大会

今日、蒲生町、蒲生八幡神社にて
日本一の巨樹を描こう!大くすスケッチ大会が開催されました。

蒲生町町制80周年を記念したイベントでしたが、
50組64名の参加があり、大盛況でした。

審査員は鹿児島県美術協会会長の尾前喜八郎先生と
和紙ギャラリーの野田先生にお願いしました。
蒲生町長の出席もあり、たいへんはげみになりました。

心配していた天気も、最高のコンデションとなり、
どなたか日頃の行いが良い方が多かったのでしょうか、
あるいは八幡神のご利益なのか、本当に一安心でした。

大楠のまわりには、ムクロジやイチョウの落ち葉が一面に敷き詰められ
黄金色の絨毯のようで、美しかった。
時間が足りない方もおられましたが、おおむね
ゆったり描いていただけたのではないか?と思います。

スケッチの生徒さんからは、残念ながら入賞者はでませんでしたが、
審査の基準が、強さや独自性、おおらかさなどが重要視されているようでした。
今後も、個性や作品の強さ、自由さというところも意識されては
いかがだったでしょうか??

参加していただいた方がた、本当にありがとうございました。

f0091634_1741658.jpg
f0091634_17412056.jpg
f0091634_17413577.jpg

by sketchfarm | 2008-12-07 17:53 | NEWS! | Comments(2)
Commented by グゥ at 2008-12-07 21:17 x
盛会で何よりでした。
あんなに盛り上がった賞品のにスケッチ教室参加者の手に届かなかったのは残念でしたね。次の機会には参加してみたいと思います。
Commented by sketchfarm at 2008-12-08 17:16
グゥさん
子供の絵には勝てませんね。それと素直で印象的に強い作品が選ばれてました。たまには、いつものスケッチの方法論を超えて、自由気ままに描いてみたもいいかもしれません。
次回はぜひ!!
<< 第3期リビング教室終了 夜の天文館 >>