アジアの原点

私は1998年に大阪から鹿児島へ移住、有機農業を始めた。
そして、訳あって2005年に離農。今の蒲生町へ越してきた。

無職になった私は、すがるような思いを抱えつつ、先が見えないままスケッチを始めた。
ただ、その時の心境に、苦しみや悲壮感はなく、
生きていくために、できることはなんでもやってやる。
という気分でいて、応援してくれる人も周りに現れてくれるようになってきたということもあって、
無理してアジアへスケッチ旅行へ出かけたりもした。

今は疎遠になってはいるが、ラオスに布の買い付けにいくという友人に
くっついていく形で、タイからラオスへメコン川を渡り入国した。
今、そのスケッチを見れば、素直に一所懸命に描いていて、楽しい。
ケレン味がなく、無心に描いていることがよくわかる。
もう12年前の作品をアップしてみる。

今は、どうだろうか、
もう少し、自分らしさ、を出そうという気持ちで描いているとは思うのだが、、

ラオス、、もう一度いってみたい。
穏やかで、いい国だった。

f0091634_16094985.jpg
「トゥクトゥクに乗って」2005年 ラオス・サワンナケートにて。F6 ペンに透明水彩

by sketchfarm | 2017-07-30 16:12 | 国内外スケッチ | Comments(0)
<< コリウールの海 東屋から見る桜島 >>