天文館の路地2017

個展の搬入も終えて、昨日はここ数ヶ月取り組んできた白日会に出品する作品も
ようやく出荷でき、ようやくちょっと落ち着きました。
こうしてゆっくり机に向かえるのも久しぶりです。

今回、白日に出した作品は、なかなか筆が進まず、
頭の中では常にその存在があり、アトリエでもいつも壁にかかっていて、
視野の中にあること自体が、悩みの種ではありました。

で、他のこと(個展向けの小品の制作や、注文のイラスト制作、、果てはバンドの練習など)
に追われることで、若干、100号の制作を避けてきた数ヶ月でしたが、、
いよいよ締め切り前日になって、絵の弱さ、薄さに我慢できなくなり、、
えらい事をやってしまったのでした、、(その話は、別日に、、)

さて、心の余裕ができたので(笑)

1月のスケッチ会の時に描いた天文館スケッチに着色してみました。
透明水彩絵具、一式を個展会場においてきたことにショックを受けつつ、
手持ちのチューブ式ホルベインを探し、子供のお絵描きセットから筆とパレットを
拝借して、どうにか色をつけました。
若干色が足りませんが、、、
このタイプのスケッチの着色は久しぶりだったので、新鮮でした。

f0091634_2226151.jpg



天文館や名山堀など、こうした昔の風情が残る路地裏が
だんだんと少なくなってきているように思います。
火災など、気をつけて欲しいですね。

スケッチ会の皆様には、幹事さんから連絡が入っていると思いますが、
3月25日(土)は川辺ですね。楽しみです。
by sketchfarm | 2017-03-07 22:29 | ひとりごと | Comments(0)
<< 明日から「姶良在住 具象画5人... 最近のナイフワーク >>