作品を梱包

エアポートギャラリーでご購入いただいた作品を梱包、出荷しました。

絵を描き、発表する活動で、様々な行為がありますが、
絵を保護し、かつ見やすく演出するための額装することにも、かなりのエネルギーを使います。
既製品を購入することもあるし、自分で制作したり、業者さんへ発注したり、
経費やエネルギー、時間をかなり使います。
(私は小品が多いので、大作主体の洋画家さんなどは、相当コストがかかっていると思います)

それと意外なことですが、作品を発送するために梱包することも、
けっこう手間と労力がかかるんですよね。
今回の個展は空港ギャラリーということもあり、販売から発送まで全部自分でしないと
いけないからです。なので作品も、ひとつひとつ作品の形態にあわせて包みます。

ガラスが入っている作品はとくに、ガラス面を保護するために何重も段ボール板を重ね、
さらにエアキャップ等で包み、発送します。
今回すべての作品を梱包し、宅配便の手配かれこれ、あしかけ2日間を要しました。
絵を描くより手間がかかる、、、といえば大げさですが、ものぐさな私にとっては
けっこうな労働です。

ともあれ、空港ギャラリーの特性である、私の事の事前情報のまったく無い方が、
絵を買うというご予定も無かったなかで、
一目見て気に入ってくださり、決して安くはない金額を払って購入を決断された方には
ほんとうに有り難く、感謝の念がつきません。
そういう方への感謝もこめて、ていねいに梱包させていただきました。

1点ものなので名残惜しい気持ちは、どうしても捨てがたいのですが。。。。

f0091634_09314465.jpg

by sketchfarm | 2016-04-04 09:35 | ひとりごと | Comments(0)
<< 最近の活動報告とお知らせ! 第24回かごしまスケッチ会 i... >>