2013年を振り返って

またしても、いつのまにか2013年も終わろうとしています。

今年はどんな年だったかな?
スケッチ関連の出来事を、年末恒例、振り返ってみます。

●1月 第5回スケッチ定例会「磯庭園」
          「かんばば・まっばば・しっちゃんす」連載開始

●2月 鹿児島デザイン百覧会にかごしまスケッチの会で出展

●3月 第6回スケッチ定例会「知覧」
          陽山美術館「裸婦スケッチ講習会」参加
          「霧島アートの旅」霧島山上ホテルにて展示。

●4月 ODK(OSHIKAKEデザインかごしま)にポスター参加
          読売新聞大阪「味の私記」連載開始

●5月 第7回スケッチ定例会「甲突川周辺」

●6月 白日会同人会 100号作品出品
          南日本リビング新聞社「カフェスケッチ講座」開講
          「西田橋の拓本展」に 「かんばば・まっばば・しっちゃんす」を展示

●7月  第8回スケッチ定例会「坊津」
           県・産業遺産関連イベント「尚古集成館スケッチ大会」
           
●8月  京都市立芸術大学 震災チャリティー展「サイレントアクア」出品
           「たびっと」創刊のため屋久島取材(ただし文・写真が主体)

●9月  第9回スケッチ定例会は中止
           姶良市公民館講座 「始めてのスケッチ」開講
           南日本リビング新聞社「スケッチ上達のための特別講座」開講

●10月 イタリアンレストラン「モッティーナ」のためにイラスト制作
            カモコレマルシェにかごしまスケッチ会で参加(顔スケッチ)

●11月 第10回スケッチ定例会「名山堀」
             串やダイニング壁画制作
            カモコレアートフェスティバル出品(蒲生ふるさと交流館)
            永沢先生およびスケッチ仲間と鹿児島ツアー

●12月 天草スケッチ
            マルヤガーデンズ「PANDAマルシェ」出品


という感じでしょうか。

今年は、本当に駆け足だった、、、という印象。
毎年毎年、1年が短くなる。

地元のイベントやデザインの仕事、高校の授業や活動が充実していたかわりに、
スケッチ取材、作品制作がやや低調だった。

そのかわり「かごしまスケッチ会」の定例会は順調に定着し、無理のないペースで
継続できてきた。
スケッチ教室は、鹿児島市内と姶良市の2カ所で開講。
始めて地元姶良市で講座を開講できたことも大きい。

大阪の新聞社での挿絵連載が始まり、連載が2本となった。
また100号サイズのタブロー制作に挑戦できたこともよかった。

11月末〜12月初めにかけて、念願の永沢先生を鹿児島にお迎えする事ができた
のも、喜びと共によい刺激となりました。

来年は、さらに制作、発表に力を入れて行ければ、、と考えています。

今年は本当にお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
by sketchfarm | 2013-12-31 11:08 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by 北平道敏 at 2013-12-31 18:26 x
今年はかごしまスケッチ会に定期的に参加でき、少し大きめのサイズのスケッチに挑戦できました。また、facebook での情報交換も大変興味深いものでした。最後は永沢先生と直接お会いできるというボーナスまでついて意義深い1年となりました。ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
Commented by sketchfarm at 2013-12-31 19:20
北平さん、こちらこそありがとうございました。
お忙しいなか、精力的にスケッチされる姿が印象的でした。

来年もじっくり描いていきましょう!
<< 謹賀新年 メリークリスマス! >>