楽しく、美しく

昨日はギャラリー白樺さんに立ち寄り、グループ展の作品の搬出をしてきました。

この日は梶原久美さんという洋画家さんの個展(実際はご主人の写真との2人展)を
開催しておられて、梶原久美さんともお話できました。

奄美の風景の心象などを表現した抽象絵画や、桜島などの風景がなどの油彩ですが、
とにかく色が美しく、特に「赤」の発色の素晴らしさに心打たれました。

77才の梶原さんは、「絵は楽しく!」「描く時はわき上がってくる。」
せっかく生きているのだから元気に美しい絵をかかなければ、、と語っておられました。
「絵さえ描ければ何も怖い物はない!」と断言されるその強さに、元気をいただきました。

永沢先生や梶原さんのような年齢の取り方、絵とのつきあい方ができれば、、
そう実感できました。
お名前は以前からお見かけしていた桝本好容さんともお会いでき、お話できたのも
よかったです。リビングで油絵の講師もされておられる方で、とても素敵な方でした。
by sketchfarm | 2012-01-18 10:42 | ひとりごと | Comments(0)
<< 終わりなき絵 1/8 1/18 ギャラリー白樺でのグループ展が最終日 >>