「素顔の佐伯祐三と山田新一展」メモ

「素顔の佐伯祐三と山田新一展」に行ってきました。
とてもよかったのでメモしときます。

f0091634_16234446.jpg


思いがけず、いやそれ以上の展覧会だった。
勝手な予想では山田作品の中に、佐伯作品が数点混じる程度か??などと思っていたのだが、
佐伯作品の傑作がかなりのボリュームで展示されており、
それら現物を間近にすることができて素直に喜べた。

なんという筆致の早さ、強さ、見る者を圧倒する厚み!
100年たっても色あせない色彩!
「黄色いレストラン」や「扉」「新聞屋」「靴屋」「リュクサンブール公園」などの傑作がすごい。
初めて知ったが「絵具箱」という作品もよかった。
「ロシアの女」「顔の無い自画像」や「郵便配達夫」などは残念ながら無かったが、
日本滞在の風景画も何点かあり素晴らしい。
f0091634_16235914.jpg

f0091634_1624843.jpg

f0091634_1624196.jpg

f0091634_16243122.jpg


生き急いだように走る短い人生のエピソードは奇行や奇異な言動にも現れており、
感受性がむきだしの明治男の純粋さや大阪人の破天荒さも垣間見える一方、
我が子を愛おしみ、あらゆる命を思いやる愛にあふれる姿もみせつつ、
ブラマンクの叱咤に対し以降、狂ったように描き、画風を変え、病に倒れるまで
描きつづけるほとばしり、命のしずくを一滴までふりしぼり、最後果汁の搾りかすのように
なって死んで行く姿は想像を絶する生き様だ。

佐伯祐三、青木繁、長谷川利行などの明治の天才たちは、
命を燃焼しつくして、ぼろぼろになるまで描き、若くしてぼろぎれの様に死んでいった。
それだからだろうか、作品は今なお強烈な光を放っている。

山田新一を始めとするよき友人、理解者を得たことも佐伯にとっては幸せだったことの一つだろう。
逆に佐伯も、山田などを大切に思いやりつつ、無邪気に甘える姿もほほえましい。
本当の人間同士の付き合いをしていたことが、多くの手紙に残されており、それらも
今回の展覧会ではたくさん展示してくれていた。

当時の風景画家は一般的にそうだろうが、描きたい対象に向かい現場で画架を立て、
キャンバスに直接、対象を油彩で描き込んでいく手法はある意味、スケッチの画家とも言える。
その筆致の早さや強さも、屋外で暑さ寒さや風や人にもまれながら描くことで
生まれたのではないだろうか?

私自身も昨年スケッチしたゴッホが描いたアルルの跳ね橋を佐伯もスケッチしていて、
妻や娘の彌智子とともにさわやかで明るい日差しの中で遊んだことがわかった。
ああ、あそこの草原に座ってあのはね橋をみんなで見てたんだな、、
と思うと感慨深いものがあった。

佐伯の手紙やスケッチの添え書きには
「やりぬく」とか「描きぬく」という自分を鼓舞し、宣言する言葉がやたらよく出て来る。

いったい何に追われ、何におびえ、何に対し打ち勝とうとしていたのか?
彼のいったい何が「絵を描く」ことのモチベーションとなっていたのか?

佐伯はなぜ2度目のパリに妻や子を連れて行ったのだろうか?
愛する幼い彌智子を道連れにすることもなかったろうに、、。
多くの謎も残った。

佐伯作品にはカミソリで切られたような、鈍器で殴られた様な事後感覚が残った。
一方、山田作品は個人的には1965年以降の晩年の作品がさわやかだった。
佐伯の死や戦争の呪縛から解放されたのだろうか?
南仏の作品など、まるで憑き物がとれたように色彩が明るく鮮やかになり、風景も人物も
いきいきと光を放っていたのが印象的だった。

都城市立美術館 12月4日まで
by sketchfarm | 2011-11-30 16:27 | ひとりごと | Comments(4)
Commented by hidaka at 2011-12-09 21:47 x
1998年に福岡県立美術館で開催された、生誕100年記念・佐伯祐三展で、初めて原画を観ました。
佐伯がブラマンクに自信作を見せたら、「この、アカデミズム!」と酷評され、ショックを受けます。
それをきっかけに表現をガラリと変え、自分なりの画風を作り上げていく。
ブラマンクの批評をバネにして、諦めずに自分の芸術を追究した姿勢に感動しました。
佐伯の作品よりも、その裏話の方に興味を持った覚えがあります。
Commented by sketchfarm at 2011-12-13 17:38
日高さん、うわ〜!これも気づきませんでした!作品もそうですが、佐伯祐三の人生の裏話はほんとうに興味がつきませんね。謎も多いし。ブラマンクに見せた絵は確か、ルノワール調の作品だったような、、。
Commented by 松田直樹 at 2012-01-02 15:48 x
浜地さんのブログは楽しいですね。私もブログを始めたのでさんこうになります。
Commented by sketchfarm at 2012-03-22 22:00
ゲゲゲ!松田さん!今、書き込みに気づきました!もう2ヶ月以上たってる、、。
エキサイトブログ、新しい書込みの表示とかないので、こまります、、。
<< 明日の教室 UNITETOWNにて個展 >>