着彩2つ

先日描いたダーマトグラフによるスケッチサンプルに
着色してみました。(八坂の塔)

f0091634_1445729.jpg



最初、セピア1色で、、と思ってましたが、
空を青く塗ってみて、木の緑、人物の赤など、
ほんの少し控えめに色を加えました。

この方法だと、色付け作業に、ほとんどストレスを感じません(笑)

色付けがストレス、、という訳ではないのですが、
はやり色の選定に悩んだり、時間がかかったりしがちなので、
こういう軽めのスケッチもいいなと実感しました。


もう一つ、着彩の実験です。

プラハ旅行の初日、雨の中、ほうほうのていで宿に到着。
寒いは疲れたわで、くたくたになりましたが、夕食までに、ちょっとそこらを
散策、、という事で、小さなスケッチブックとティッキー1本を片手に外へ。

おそらく仕事を終えた女性が、ビルの屋根の下で雨宿りしていました。
待ち合わせかな??と思ってスケッチ。
10分ほど立っていたでしょうか、待ち人来らずといった感じで、
歩き去っていきました。

f0091634_14542859.jpg


これは、あまり立体や陰を意識せず、
青、紫、赤、緑、黄の5色をまんべんなく乗せてみました。
かなり淡いので、どんどん重ねてもあまり怖く?ありませんでした。

(怖い、、というには、絵がだめになってしまうのでは??という恐怖感のことです。)

ですが、このところ最悪絵がつぶれてもいいや。
的な意識で着色することもあります。
透明水彩でボナールのような色使いができないだろうか、、などと夢想したり、、
by sketchfarm | 2011-09-11 15:05 | プラハ紀行2011 | Comments(0)
<< 明日よりリビング教室開講! 2夜連続 >>