カモコレで似顔絵

昨日は、地元・蒲生町で「第4回 春のカモコレ」というイベントに参加しました。

その一環で主催のnpo法人Lab蒲生郷の新しい拠点となる「蒲生ふるさと交流館」の
オープニングイベントをかねた「カモコレ・パビリオン」というイベントでした。

これは、古い保育園の跡地と建物をリノベーションした蒲生ふるさと交流館を
使って、一つのテントを一つのテーマ・パビリオンと見立てるという趣向です。

カモコレのパンフのデザインや交流館の施設デザインなど、デザイン面で
微力ながら協力しているのですが、ここの施設のシンボルマークのデザインも
作らせていただきました。

f0091634_1533533.jpg


カモコレの今回のパンフはこんな感じ、、。

f0091634_156867.jpg


地元の若い奥様がボランティアモデルをしてくれました。
蒲生は眠ったような静かな町、、、という事で
テーマは「眠り」。

で、テントを使って、、、というアイデアも出たのでした。

さて、当日は、竹細工をお年寄りが子供達に教える「昔遊びパビリオン」や、
「韓国の遊び」パビリオン、「占いとマッサージ」パビリオンなど、楽しいコンテンツが
ありましたが、、

私は「似顔絵パビリオン」というテーマで参加しました。

大学生の時以来の似顔絵描きをしましたが、、、
とても楽しかった。
結局、40組くらいの方々の似顔絵を描いたと思います。

でもひとりだけでこなしたのではなく、
スケッチ教室の生徒さん・Hさんが交替要員として手伝ってくれました。
その様子です。

f0091634_21389.jpg


最初はちょっととまどっていたHさんでしたが、数をこなすにつれ、
調子が出てきて、スケッチのスピードや描写の無駄が無くなって、
終わる頃には、プロの似顔絵師になっていました(笑)

二人で組んで全国をまわりましょうか?などの冗談もでるくらい。

少ないながらお金をいただいてやるので、失敗はゆるされません(笑)
今回の「ガチンコ顔スケッチ」は、最高のトレーニングとなりました。

似顔絵を受け取ってくれたお客さんが、
「わー、嬉しい!」と笑顔で喜んでくれるのが嬉しくて、
こちらも自然と笑顔になります。

行列や予約で順番待ちができるほど、好評でした。
なんだか癖になりそうです。
by sketchfarm | 2011-04-30 02:10 | NEWS! | Comments(0)
<< 赤ちゃんスケッチ 今日のリビング教室 >>