北からの贈り物

山形に炭焼きをしている友人がいます。
その彼から、「いま石巻に炊き出しの支援にきています」というメールが。

何でも物資と人出が足りないので、なんとかお願いします。とのこと。
物資は特に野菜が不足しており、ボランティアしたい方は、
新潟あたりまできてくれたら迎えに行きます。とあった。
詳しいことは相談してやれることはしようと思っています。
なにかできる方は、一声かけてください。


先日、北海道から素敵なプレゼントが届きました。

「MATO」という文庫本。

北海道、旭川で活躍されている小川けんいちさんという方が書かれた本です。
スケッチ仲間で、2009年の「永沢まこと賞」をいっしょにいただいた方でもあります。

なぜかいきなり送られてきました。

で、とりあえず開いてみると、、、「すごい!」のひとこと。

マイブックという白紙の文庫本をこれまで4年半で16冊分描ききり、
その5500点にもおよぶスケッチから373点を厳選して文庫本としてまとめた、、、とのこと。

その流れるようなやわらかい線で描かれたスケッチ群にただただ
圧倒されるばかり。

ひとことでいうと、、、元気がいい!

人物も笑顔が多いし、なんでこんなとこ描くの??というものでも
なんでもモチーフになってる。
ぶっさいくな(失礼!)おっさんやら、信号まちの車内からみたバイクの人など
どんなものでもモチーフに成り得ている。
小川さんに照準を合わされ「MATO」になってしまうと、もう逃げられません(笑)

描くことが大好きでたまらない。
人が、町が大好きでたまらない、、。

そういう気持ちがストレートに伝わってきて、元気をもらえました。


自分はというと、、、

美しいものを描こう、
美しい人を描こう、
絵になる風景を探そう、、
個展でかざれそうな絵を描こう、、、

などという思いが無意識にあるんだろう。
無駄な絵を描きたくないという心理もあるかもしれない。

でも小川さんは、そんな事をおそらく、これっぽっちも考えてはいないはずだ。
描きたいからかく、、というより、
描かねばおれない、知らないうちに描いている。そんな感じだ。


おかげさまでここ最近、あまり描けていない自分を発見。

1歳になったばかりの息子のスケッチを初めてみました。

ありがとうございました。

f0091634_828876.jpg

f0091634_8275821.jpg


※あろうことか、「MATO」の作者の方の名前を間違って紹介していました。
大変失礼いたしました。訂正しておわびいたします。
by sketchfarm | 2011-03-26 21:24 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by 益田 at 2011-03-30 01:05 x
5500とは凄い方ですね。
先生もまたスケッチ本を出してくださいね。 必ず買います!
Commented by sketchfarm at 2011-03-31 08:34
益田さま
ほんとすごいですよね。スケッチ本いつかまだ出したいですね。
その時はよろしくお願いします。
<< チャリティー出品 おとといの教室 >>