シニャック

あいもかわらず100年前の画家たちの事が気になっています。

今日、勤務先の高校でなにげなく古い美術手帳を見ていたら、
ポールシニャックのスケッチ画がのっていました。

ポール・シニャック[フランス 1863-1935] は後期印象派と言われる人で、
スーラの次に点描画で有名な人です。
あのクリムトとほぼ同じ時期に生まれ、クリムトより長生きしました。
点描だけかと思っていたら、スケッチがとても良いんです。

写真の登場で、色や形態を爆発させていった、印象派の画家たち。
モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、、、
シニャックはあのゴッホに影響を与えて点描をさせたほど。
ゴッホが耳を切った事件の際は、見舞いにも行ってるんですね。

色をパレット上で混ぜずに、原色をそのまま画面に置いて行く手法は、
エゴンシーレの人物画にも見られますが、
さらに軽快で,健康的な画風がさわやかです。
ヨット好きだったそうなので、アウトドア派。シーレとはえらい違いですね(爆)

この絵を見ていたら、早くあったかくなってスケッチに行きたいな〜と思えて来ます。

f0091634_20292967.jpg
f0091634_2029422.jpg

by sketchfarm | 2009-12-15 20:32 | ひとりごと | Comments(0)
<< 粘ってみました。 画集 >>