うるわしのジャンコクトー

コクトーというひとのドローイングを見た事があるだろうか、、

僕はよくその人のことは知らない。フランス人で、今はもういない。

でも彼のドローイングには、なんともいえない魅力、、、かわいらしさ、、
それと、そこはかとない品位のようなものが備わっている。
いうなれば線がオシャレなのだ。
サンテグジュペリの絵もそう。貴族的なお育ちのせいだろうか、、。

線にも気位、教養、精神がそのままでるとしたら、、、
いや、きっと出るんでしょうね。こんなお人がこんな風に描いてるんですから、、、
実は昨日の教室で、ジャンコクトーを思わせる線を描いていた方がいらっしゃったので、
思い出してしまいました。
f0091634_2055314.jpg

コクトーではこの絵なんかが有名でしょうか、、
f0091634_218377.jpg


シュルレアリスムの風が吹き荒れるパリの時代、
ピカソやモジリアニ、ブルトンなどと親交を結んだ時代の寵児。
詩人としての評価が高かったようです。
精神性は線に現れる、、、といったところでしょうか、、。

大阪の貧しい場末で、吉本新喜劇と共に成長した私などはどういう線になるんでしょうね(爆
by sketchfarm | 2009-11-07 21:14 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by Runsar at 2009-11-08 09:48 x
ミクシィからの外部ブログ・・・イイ感じですね。

ジャンコクトーの上品な感じって好きです。

シャンソンで有名なエディットピアフと仲の良かったひとですよね〜。 

Commented by sketchfarm at 2009-11-08 15:36
Runsarさん、うまくなってましたか?
二重に日記かくのはかなり面倒でしたので、、、
コクトーの線、いいですよね、、。あこがれます。
<< 屋久島から、、 昨日の加治屋町教室 >>