大軣小学校にてスケッチワークショップ開催

昨日、薩摩川内市の大軣(だいごう)小学校からのお招きにより
「絵を描く楽しみ」というタイトルで、お話とワークショップをしてきました。

対象は3〜6年の全員、約50名のみなさん。
小学生をあいてにお話するのは始めての経験なので、かなりドキドキしました。
学校の先生から、「うちの子ども達は、とりわけ元気がいいですよ〜」と
おどされていたからです。

しかし会場の体育館に入ると、みなおとなしく座って待っていました。
挨拶を終えて話を始めると、みんなの目が「キラキラ」としていて眩しい(笑
一所懸命にお話を聞いてくれています。

ワークショップは、以前から考えていた方法を試してみました。
「3つの私」というタイトルのゲームです。
要は、おたがいモデルを交替しあって顔を描くゲームですが、、、

これが始まると、子供達は一気に元気に!
嬉々として絵を描く子、絵は嫌だ〜といって描かない子。
モジモジと恥ずかしそうにモデルをする子、
女の子をじっと見て描くのが恥ずかしい?のか、顔に角やキバを描いて照れ隠しをする子、、、

いろいろなタイプがいましたが、
何回かやっているうちに、なれてきて盛り上がってきました。
比較的短い時間を区切って行う、スピードスケッチですと、飽きがこなく、
集中するようです。

最後の結果発表の際は、何人か代表して、絵の発表を行いましたが、
子供達の、いろいろな表現のかたちに、驚かされました。
子供達も、描くばかりでなく、描かれる体験もして、自分の多様な表現を
実感できたようでした。
友達から描いてもらった「宝物」を大切にしてもらいたいです。

気がついたら最後には、ここの子供達がかわいくて大好きになっていました。
私自身とてもいい経験をさせていただきました。
皆様、ありがとうございました。


f0091634_5112413.jpg
f0091634_5114150.jpg
f0091634_5115524.jpg

by sketchfarm | 2009-10-23 05:12 | NEWS! | Comments(0)
<< 明日は第1回リビング教室・スケ... 南日本リビング教室・経験者向け... >>